子宮外妊娠とは

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

受精卵が子宮内膜以外の場所で着床することを子宮外妊娠(異所性妊娠/いしょせいにんしん)と言います。排卵された卵子が、腟内から子宮を通ってきた精子と卵管で結合して受精卵になります。受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管を進み、子宮内膜を目指します。この受精卵が子宮内膜に着床して初めて妊娠となります。受精から妊娠が成立するまで約1週間掛かります。


子宮外妊娠では卵管に着床するケースがほとんどです。卵管が狭かったり受精卵が子宮内膜に行きつく機能が弱い等が原因となります。子宮外妊娠は最初のうちは正常妊娠と変わりなく経過するため、自分ではなかなか異常に気付きません。卵管など狭い場所で着床すると、卵管の細さに耐え切れなくなって流産することがあります。卵管で流産が起こると出血が腹腔内にたまり、下腹部に痛みなどが現れます。また、卵管自体が破裂した場合は大出血が起こり、激痛に襲われます。この場合は緊急の手術が必要です。

残念ながら、前もって子宮外妊娠を予防する手立ては今のところありません。初期に妊娠検査薬で調べてみても正常妊娠と変わらない反応が出ますが、妊娠したと安心せずに早めに産婦人科を受診し、子宮の中に胎嚢があるかどうか確認してもらいましょう。

少しでも下腹部に不快感があったり出血があるようなら、すぐに受診することを心掛けましょう。妊娠のごく初期では出血も少なく下着にうっすらとつくだけで、子宮外妊娠とは気付かないこともあるかもしれません。また、子宮外妊娠ではだらだらと出血が続くことが多いため、生理と間違えやすいこともあります。基礎体温を測っていると妊娠の可能性にも気付きやすいため、毎日基礎体温を測っておくことをおすすめします。

 

 

過去に子宮外妊娠をして卵管を切除した場合

卵管を切除した場合でも、もう一つの卵管を使って再び妊娠することができるので心配はありません。退院後月経を2〜3回見てから妊活を再開しましょう。

子宮外妊娠は若干年齢と関係しており、高齢になるほど発生頻度が高い傾向があります。ほとんどの場合、手術後は正常に経過するケースが多いようです。次回の妊娠でのおなかの赤ちゃんへの影響はないと考えていいでしょう。

ただ、一度子宮外妊娠をすると繰り返すケースや不妊症になるケースがあります。子宮外妊娠の経験のある方は特に、少しの出血も見逃さず妊娠初期に下腹部痛や少量出血継続を感じたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

 

子宮外妊娠についての体験談

私の場合、少量の出血がだらだら1週間ほど続き、「これって、生理じゃないのかな? おかしいな」と思ったので産婦人科に行きました。診てもらったところ、子宮外妊娠か初期の流産の可能性があるといわれてびっくり! 掻破の手術をしました。

子宮外妊娠の場合、痛みがあると聞いていたのですが、私の場合は痛みはまったくなく、ただ出血があるのみでした。基礎体温を測っていないと生理と間違えて気がつかないパターンもあるみたいです。放っておくと大変ですので、ちょっとした変化も見逃さないように気をつけてください。
妊娠6週目にたくさん出血があり、産婦人科に駆け込んだところ、流産と診断されました。子宮の中のものを出したあともホルモン値が変わらなかったので、いったん経過観察になったのですが、結局徐々にホルモン値が上がり、子宮外妊娠で卵管切除の手術となりました。
 
今は生理もちゃんとあるし、お医者さまも妊娠には差し支えないとおっしゃっていますので、また落ち着いたら妊娠できるのかなと思うのですが、不安です。卵管切除しても無事妊娠・出産された方も周りにいるので、今はそういう先輩方に勇気づけられながら次の妊娠への準備を進めています。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る