早産とは?赤ちゃんに障害は?原因や症状、予防方法について

10

 

早産イメージ

 

一度は「早産」ということばを見聞きしたことがある人も多いかと思います。しかし、その詳細を知っている人はあまり多くないのではないでしょうか?ここでは、早産の定義とともに原因や早産で生まれた赤ちゃんの予後などについてお話ししたいと思います。

 

 

早産とは?

早産は、正期産の時期よりも早く出産をすることです。妊娠37週0日~41週6日までが「正期産」とされており、正期産前の妊娠22週0日~36週6日までの期間に出産すると「早産」と呼ばれます。

妊娠22週未満は、生存が不可能な期間とされており、早産ではなく流産となります。

 

●「切迫早産」は早産の一歩手前の状態

早産になる危険が高い状態が「切迫早産」です。

切迫早産と診断された場合、安静が必要となります。症状の程度によっては、子宮の収縮を抑制する薬の内服や入院して点滴をおこない、できるかぎり早産を起こさないようにします。次のような自覚症状があれば、すみやかに受診しましょう。

 

<切迫早産の自覚症状>
・下腹部の痛み
・おなかの張りが頻繁に起こる
・性器から出血がある
・破水

 

●早産には「自然早産」と「人工早産」がある

早産の75%が、細菌感染や頸管無力症といった病気や喫煙、ストレスなどにより妊娠の継続が難しくなり自然分娩に至る「自然早産」となり、25%は「人工早産」です。(※1)

人工早産は、母子や胎児に合併症がみられるケースに対し、母児の命を守るために人為的に出産させる方法で、母体合併症の悪化や、子宮の壁から胎盤がはがれる「常位胎盤早期剝離」、赤ちゃんが生まれてくる子宮口を胎盤がふさいでしまう「前置胎盤」、子宮内の胎児の元気がなくなってきている状態の「胎児機能不全」といった状態がみられるときに人工早産がおこなわれます。

 

●早産の原因

早産の原因はさまざまあり、細菌感染や頸管無力症、妊娠高血圧症候群等の合併症や喫煙、ストレスなどが主な原因と考えられています。そのほかに明確な関連性は認められてはいませんが、歯周病も早産の原因と考えられています。

 

 

早産児は合併症を起こしやすい

早産では胎児の発育が不十分な状態で生まれてくるため、呼吸障害や低体温、低血糖、感染症を起こしやすくなります。そのためNICUでの入院・治療が必要になる場合が多いです。また、脳性麻痺や知的障害、視覚障害などの合併症も起こしやすくなります。

 

分娩に至った週数が早いほどさまざまな合併症を起こす可能性が高くなり、赤ちゃんの生存率に大きく影響します。

 

 

早産の割合は出生数に関係なく増えている?

女性の社会進出、晩婚化などの影響で、日本の出生数は減少し、近年は横ばい状態になっています。出生数が減少している中、早産時の出生は増加傾向にありましたが、こちらも近年では横ばい状態にあります。(※1)


●早産の4つの要因
・晩婚化が進み、合併症のリスクが高い高齢出産が増加している

・生殖補助医療による多胎妊娠が増加している
・性行動の若年化にともなって細菌性腟症や性感染症が増加している

・女性のライフスタイルの乱れ(妊娠中の喫煙や無理なダイエットによるやせ体型など)

 

 

まとめ

早産の予防でもっとも大切なのは、無理のない生活を心がけることです。

ただ、どれだけ気をつけて生活していても切迫早産や早産となる可能性はあります。切迫早産の場合、陣痛のような子宮の収縮や下腹痛など、さまざまなサインで異常を知らせてくれることもあるため、何かあればかかりつけ医に相談し、受診するようにしましょう。

また、自分や赤ちゃんを守るためにも、早産の早期発見につながる妊婦健診をきちんと受診することも大切です。

 

参考:

※1 人口動態統計 - 厚生労働省 <http://www.mhlw.go.jp/english/database/db-hw/dl/81-1a2en.pdf>

 

 

 

 

 

 

◆分娩に関するQ&A

 

 

◆切迫早産の体験談

仕事をギリギリまでしていたり、主人が長期加療の必要な病気で休職をしていた等諸々のストレスからか、7か月頃から既に切迫早産気味であると産科から言われていました。28週頃からは張り止めの薬が処方されましたが、盲腸の痛みが分からず5日も我慢してしまうような私には、お腹の「張り」というのがイマイチ分からずにいました。そして30週、金銭的な問題から急きょ私の実家へ夫婦で引越したものの、ストレス性の胃炎に加え子宮頸管が更に短くなってしまい、32週で入院。主人が心配なので無理を言って退院するも、35週0日目の朝、突然の破水。そのまま入院となり、翌日出産しました。
妊娠したからと言って生活や性格はなかなか変えられないので、日頃から無理をしない・頑張りすぎない・抱え込まないクセを付けておかないとこうなるんだなーとようやく自覚しましたww

零 さん

1人目の時は31週目から切迫早産で入院しました。初めての事で、張りはわかりませんでした。

2人目の時は、1人目の経験から早い段階から張り薬を飲みましたが……28週から入院しました。上の子が心配で毎日辛かったです。2ヶ月も子供と離れて暮らしましたが、2人目も無事産まれて来てくれたのでよかったです。

今は3人目妊娠中です。まだ26週ですが、絶対安静の自宅で過ごしてます。たぶん、入院になると思います。子供たちと毎日会えなくなると思うと辛いですが、お腹の中の赤ちゃんにも無事産まれて来てほしいので頑張ります。

キティー さん

30週で検診を受けた時に頸管が12ミリになってたため、即総合病院に行きその日に入院になりました。 二人目ということもあり、家事に育児に忙しく大分早い段階からお腹に張りがありました。 ただ気にせずに上の子をおんぶしながら買い物などしていました。 入院中はウテメリンを24時間点滴、34週には張りが収まらずマグセントと併用で点滴していました。 副作用で吐き気と震え、上の子に会えない寂しさで情緒不安定になりましたが37週には帝王切開にて出産しました。 3500㌘の元気な男の子ですが、点滴の影響で低血糖のためNICUに入院しましたが今は1才になり元気です。 妊娠中期から頻繁に張りがあったら絶対安静です!! 無理しないのが一番!

ちるちゃん さん

 

その他の切迫早産の体験談

その他の体験談

◆出産について助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2017/10/25


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。