無痛分娩の体験談

19

周りの経産婦の友達が「次は絶対無痛分娩にする」と言っていたり、自分自身も出産時の痛みに対して恐怖があったので無痛分娩を決意! バルーン処置が痛かったり、その後の前駆陣痛が痛かったりと完全無痛とまではいきませんでしたが、麻酔の注射も痛くなく、子宮口5センチから麻酔を入れてからの陣痛の痛みもほぼなく、会陰切開もせずに済みました!(←たぶんソフロロジー呼吸法のおかげ) 会陰切開についてはお股を切るなんて怖すぎて出来れば避けたかったので妊娠中調べまくって、会陰は筋肉らしく体に余計な力を入れることによって、筋肉なので力を入れると硬くなってしまい柔軟性がなくなってしまい裂けてしまうとのことで、どうすればいいのかと言うとリラックスするのが一番→それには呼吸法が大事→ソフロロジー呼吸法とたどり着き、臨月あたりから呼吸法の練習をしていました!赤ちゃんがちょうど出てきてる間の会陰切開が要るか??要らないか!?の時に、この呼吸法を意識して行い助産師さんと院長先生が「すごい上手!上手!」と言ってくれていたのでこれが良かったのかなーと思ってます! わたしの産院は非常勤の麻酔科医が3人いてその専門医の方々が麻酔処置を行うところでした。無痛分娩代は10万円でした。 私の担当の麻酔科医さんは普段は大学病院でドクターヘリにも乗ってる女医さんでした!しっかりとカウンセリングしてケアしてくれてすごい心強かったですし、無痛分娩で行う硬膜外麻酔はとても繊細らしく(日本で過去に事故もありますし)、何かあった時の対応…を考えると専門の麻酔科医さんが処置してくれる所の方がいいのではと思います! 院長先生も面白い方で赤ちゃんが出てきてる間の分娩時もリラックスできるように話しかけてくれて、笑いながらお産をするという無痛分娩じゃなければ出来なかったであろうとてもいい分娩になりました!

・麻酔科医が麻酔を行う産院を選ぶ

・ソフロロジー呼吸法を練習しておく

この2点はしておいて良かったと強く思います! そして1番思うのは無痛分娩にしてよかったーー!!! 

おりえみ さん

周りの自然分娩の話を聞いて、私は絶対ムリ! 痛いのやだ! と思っていたので、妊娠したときから心に決めていた無痛分娩。自然に陣痛が来てから、子宮口が2.5cmになるまで3〜4時間、陣痛も経験できたし、麻酔してからは全然痛くなくて子宮口全開大でも友だちとLINEしていました。生まれる瞬間も頭が出てくるところを落ち着いて見られて、出産を実感できました。いろいろ事故とかあって心配されたりもしたけれど、きちんとした病院を選べば大丈夫だと思います。 医療技術の発展に感謝。 将来的に無痛分娩が主流になると感じました。

ちいちい さん

初産だったので、里帰り出産を選びました。実家の近くの産婦人科は計画無痛分娩を得意としているクリニックだったので、計画無痛分娩を予約。出産日を決めて入院準備も整えて当日を待つばかり! になるはずでした。

 

計画無痛分娩の日より2日早くおしるしがあり、そのまま前駆陣痛が。初産だし、前駆陣痛も長くなるかなぁ〜なんて思っていたら間隔はバラバラなのに1回の陣痛が1分程あり、あれ? 陣痛なのか?? と真夜中にひとり悩みながら朝まで痛みと戦いました。

 

まあダメだと思いながらもクリニックへ連絡し、その足でクリニックへ。着いたときには子宮口は4cm開いていました。陣痛が始まってはいたものの、クリニックで浣腸などの前処置をしていただいてからきちんと無痛分娩のための処置(硬膜外麻酔)をしてもらえて、一応無痛分娩で出産できました! 無痛分娩のおかげか、翌日からはチャキチャキ動けましたよ。

みーちゃんママ さん

1人目を自然分娩で産んだときに 2人目は絶対に無痛分娩にすると決めていました。いざ 2人目の陣痛が始まって産院へ電話すると、「分娩室が無痛分娩の方で埋まっているため、無痛分娩はほぼ不可能」と言われ目の前が真っ暗に。でもお産は進んでいくわけで。また あの壮絶な痛みがやってくると思うと恐怖でしかありませんでした。自然分娩にはなってしまったけど、やっぱり出産は何があるか最後までわからないなと思いました。

はじゅこはるんママ さん

私は3人子どもを産んで3人とも無痛分娩で出産しました! 自然分娩を経験していないので痛みを全然感じなかったわけではありませんが  痛みに弱い私には無痛分娩でないと出産できないぐらいでした。ただ最後の子どもが出てくるところまでの陣痛はほとんど感じません。激しい陣痛が来ているときでも寝ていられるほどです。

 さっきーはるみ さん

1人目は4日間陣痛に苦しんだので、2人目は無痛分娩を選択しました。計画分娩の日より先に陣痛が来て入院になりましたが、麻酔科の先生が駆け付けてくれました。子宮口がある程度開くまでは麻酔をしないので完全に痛くないというわけではありませんが、麻酔を入れ始めてからは本当にラクで、モニターを見て「波が来てる来てる」と言いながら食事も完食しました。  

 

分娩中は自分でいきむので普通の出産と変わりませんが、痛みが弱い分、冷静に分娩経過を見ることができて助産師さんの言葉とか赤ちゃんが出てくる感じがリアルに感じられて、1人目よりむしろ感動しました。(1人目は記憶がないくらい疲れ果てていました) また、リラックスして分娩に臨めたためか、会陰を切らずに済みました。産後にビクビクしないで座れるのがうれしかったです。

 ぽんたさん

私は昔から出産に対する恐怖心があったこと、また、海外では無痛分娩が一般的であることから、産院を選ぶ時点で、無痛分娩対応の産院を探しました。無痛分娩での死亡事故等もまれにありますが、納得の上、無痛分娩を希望しました。

 

結果、大正解でした! 無痛分娩は、無痛と言えど、子宮口がある程度開くまでは麻酔は打てないので、途中までは普通の出産と変わりありません。子宮口が開くまでの間、陣痛の痛みはあります。でも、麻酔を打って1分もすれば一気に痛みが軽減されました。麻酔を打ったあとは、まったく痛みがないわけではなく、軽い生理痛程度の痛みなので、今、陣痛来てるなーというのもわかります。 

 

私は出産直前まで、母、夫、助産師さんと談笑していました。「おなかすいたー 。夜ごはんのメニューはなんですか? 赤ちゃんどんな顔してるかな? アハハ」と、本当に平和でした。 無痛分娩だったからか、産後の回復も早く、私は次も絶対に無痛分娩にします!

 ぽんゆか さん

陣痛が始まり、麻酔の処置をするまではとても痛くてつらかったですが、麻酔を入れてからは痛みが和らぎました。痛みが強くなったら麻酔も追加してもらえました。陣痛室では笑うこともできました。痛みは取れても、ちゃんとおなかが張る感じは残っていました。分娩室に入ったころには痛みもコントロールされ、ほとんど痛みを感じず、助産師さんの声かけどおりいきんだらすぐに生まれました。

ゆう さん

 

 

2020/08/27

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。