出産後の退院の体験談

会陰切開をしたので、ドーナツクッションが必須でした。  入院中はトイレに行ったり、座るたびに痛かったですが、退院後もしばらくは痛みが続いてしんどかったです。

2017/11/3 ちび さん

私は自然分娩で出産しました。陣痛は長時間にわたって痛むことや、出産のとには鼻からスイカが出るほどの痛みということは聞いたことがありましたが、出産後の痛みについては無知でした。
切開したあとの会陰の痛み、息んだことによって出来た痔の痛みは、出産後もしばらく続きました。もちろん痛み止めを貰って服用していますが、それほど色んな痛みを伴うなんて知らなかったと衝撃を受けました。
会陰の痛みは入院中に殆ど無くなりましたが、痔は長引きました。そもそも痔のせいで座るときは円座クッションが必須、歩くときは出っ尻でした。痔の薬も処方してもらって退院後まで自宅でも使用してました。そのため、退院のときに車に乗るのに円座クッションが必要だと気がつきました。Amazonなどで安く購入できそうだと見ていましたが、実物を見て希望の硬さであることが一番だと思い、病院の売店で丁度良いのを買いました。予想外の出費が続き、なんだかなぁと思います。

2017/11/2 新米ママ さん

退院した日の夕方頭痛が酷かったが、家の事をやらなきゃいけなかったので、我慢して一日中動いてました。
夜寝る時に凄い寒気がしたので先に寝ている旦那の布団の中に入り込んで寝た。
0時過ぎ、3時間おきの授乳で起きた時、全身汗だくだったので熱を測ったら38.9℃
普段滅多に風邪をひかなかった自分ですが慣れない授乳のせいかな、と深く考えずにいました
次の日も熱が下がらなく、心配になって母に相談
産褥熱じゃない!?下手すると死ぬよ!はやく産婦人科に電話しなさい!と脅され泣きながら産婦人科に電話
夜だったので、様子を見て明日来てくださいとのことだったが、その後のお風呂で鮮血。心配になり再度産婦人科に電話したら今から来てと言われたので急いで行って採血したり点滴したりしてもらって検査結果は後日出るとのことだったのでそのまま帰宅
二日後の月曜日に検査結果を聞きに行ったらどこからからはわからないが感染して白血球の数値が高いとのこと。
その後2日点滴しに通って体調は治りました。
夜中に産婦人科に行った時は、母に赤ちゃんを預け次の日に迎えに行きました。
点滴しながら、自分の弱さに号泣。
退院後無理をし1日動いてた事も原因だと思います。
産後は無理しちゃいけないと改めてじっかんしました。
その後体調を、崩すことも無く母子ともに元気です(*^^*)

2017/11/1 erna さん

2780㌘の通常体重で産まれた娘。寝るのが大好きで少食で、出生後体重が減ってか増えず退院する頃にも更に減っていき、2500㌘を切ってしまいました。そのため娘だけ退院が延期になってしまいまし。病気も疑われましたが、飲む量が少なすぎることが明らかな体重減少の原因ということで、病気ではないだろうとなんとか2日遅れで退院出来ました。退院後は1ヶ月、搾乳をし哺乳瓶での授乳を続け3日~1週間おきに産院へ体重チェックに通いました。1ヶ月経ってからは普通に授乳出来るようになり、今はゆっくりながらも成長曲線内で元気に大きく成長してくれています。一ヶ月間は夜中の搾乳と授乳が大変でしたが、今は夜中はよく寝てくれるし、授乳の時間もダラダラ飲み続けるタイプではなくすぱっと終えてくれるのでとても楽になりました!

2017/11/1 猫のキイさん

身内が近くに住んでおらず、旦那は夜勤もある仕事についています。私は車を持っていないため基本は歩いて買い物にも行きます。子供がいる買い物がこんなにも大変なのかと感じました。抱えているため多くは買えないし、機嫌もあるため長居もできない。ベビーカーで行くにはアパートの2階に住んでいるため、子供+ベビーカー+荷物で余計大変でした。そのため旦那が休みの日にまとめ買いが増えました。なので普段は足りないものを散歩がてら買いに行っています。日用品はドラックストアに行き、自宅まで無料配達してもらえるシステムを利用しています。クリーニングも集配サービスがあるところに変えました。自分の身の回りには子育てをサポートしてくれる環境があるんだと調べて実用する事で感じています。

2017/10/31 バタコ さん

出産後の退院は事前に時間など聞かれて、食事の調整だけで、かなり自由に帰れたので楽でした。  病院によるとは思いますが……    帰ってから、赤ちゃんの黄疸数値が少々気になるようだったので、数日後病院へ行ったら再度入院して治療となりました。  出産後直ぐに黄疸数値が上がる子は入院が伸びる方もおられました。

2017/10/31  Alice-mamaさん

幸せな入院生活も終わり、現実の世界に。  上の子達もいたので、毎日てんてこまい。  産後だからといってゆっくり休めることもなく、休みの日にはまだ1ヶ月経っていないのに外へ連れ出すことも。  毎日慌ただしが、充実してます。もちろん、家事はほどよく手抜き。  

2017/10/31  ニコ さん

産後の心のバランスの崩れでしょうか。退院して助産師さんに会えなくなるのが淋しくて淋しくて、退院前日は泣いてしまいました。  サービス満載の病院だったので、退院当日は記念品の手渡しや、私のメイクアップサービスでバタバタ。高級車ベントレーで自宅まで送ってもらい、淋しさを感じる間もなく家族でハイテンションのまま家に帰り、いい思い出になりました。

2017/10/31  ぽんたさん

私は里帰りはしなかったため出産後の退院は本当に精神的にきつかったです。1~2時間後には息子は泣くため睡眠時間がとれなくて泣いてしまいました。同時に自分の母親はこんな思いをしてたのかと育児の大変さに共感しました。自分一人で育児を背負いすぎないように辛い時は辛いと相談できる相手がいることは本当に大事だと思います。私の母に相談をしたら背負い込みすぎずに赤ちゃんと一緒に寝れる時は寝なさい。とアドバイスをもらう等して乗り越えることができました。

2017/10/31  りーたん さん

退院する前日に上の子が感染症にかかり、急きょ私と赤ちゃんは実家に身を寄せることになったため、赤ちゃんグッズを運ぶのにバタバタしました。    夫と義母が上の子の面倒をみてくれましたが、体調不良と赤ちゃん返りで薬を飲むのに2時間もかかったようで、夫が育児ノイローゼ気味に…。

2017/10/31  このこ さん

産前、産後すぐも問題なく普通分娩でうんだのですが出産後3日目くらいから会陰切開の傷と痔の痛みで起き上がれなくなってしまった。トイレもやっとの思いで這って行ったが痛みが強すぎてお通じがどうしても出てこない…ロキソニンも1日に飲める最大数を飲んでも効き目が切れ始めると痛くて痛くてすごく辛かった。結局退院した後も体調が戻らず救急車を呼んで、ロキソニンより効果が高いボルタレンを使い便秘を解消したら治った…出産した産婦人科では何度も相談したが大げさ扱いでロキソニン以上の薬を出してもらえなかったが後日救急車を呼んだことを話すとうちでもボルタレンは使うことあります…と。だったら早く出せー怒)と思ってしまいました。  陣痛を乗り越えれば楽になれると思っていたが産後がこんなに大変になるとは思わなかった。

2017/10/31 はるころ さん

初産、5日で退院でした!お祝いをたくさん頂いていたので主人に前日までに自宅や里帰りだったので私の自宅に持って帰ってもらいました。おかげで、会計後荷物も少なく退院できました。車を利用される方は退院までにチャイルドシートの購入、設置お忘れなく!あと、退院時は名前のたいがにちなんで虎柄の入った普通のロンパースで退院しました。

2015/02/27 たいがママ さん

退院時のセレモニードレスは必須だろうと思って、第1子の時は張り切って購入したのですが、病院→里帰りの実家と車に乗ること、ものの10分ほどで、特に用意しなくても問題なかったなあ~というのが正直な感想(家について、またわざわざ着替えさせたし・・・)。下の子の時は、普通のベビー服で退院しました。

2013/01/11 あっちママ さん

赤ちゃんのセレモニードレスはお姑さんが用意したものを着せました。出産する一週間前には準備していました。また、車で帰りましたが、チャイルドシートを用意しました。里帰り先で購入できない事情があったため、交番でレンタルしました。とても助かりました。

2012/08/09 そばかす さん

退院の準備といえば、チャイルドシート!!車を使う地域の方は、お忘れなく!!買ったものの「どうせお出かけはまだできないんだから後でいいや」と後回しにしとくと、退院できません(^^;)。チャイルドシートを取り付けるのは大変な力仕事なので、間違っても妊婦さんがやるべき仕事じゃないです。
ここは、旦那様の筋肉をアテにして取り付けてもらい、産まれる前に各地で行われているチャイルドシートのチェックアップイベントに参加しておかれるといいかと思います!うちも、旦那の馬鹿力をフルに活用してもらって取り付けましたが、チェックしてもらったら「まだ甘い」と言われました。チャイルドシートが壊れるんじゃないかってくらいの力でつけたはずなのに、ポイントがずれてたのかなぁ?やっぱプロに見てもらうのが一番!せっかくのチャイルドシートが飾りにならないよう、チャイルドシートは正しくつけましょう☆

2012/06/13 ぽぽ さん

 

 

2015/07/15


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。