和痛分娩の体験談

12

3年前に和痛分娩で出産しました。
私の場合、立てなくなってしまうほど麻酔が良く効いて、薬がきれたとき以外はとてもラクな状態でした。破水から出産までの約16時間、本を読んで過ごしていました。もちろん、出産のときは問題なくいきむこともでき、痛みもなく笑いながらお話ししながらのゆったりとした出産でした。和痛分娩で出産して本当によかったです! 出産後は、麻酔も切れて円座がなくては過ごせない2週間でした。

 ka さん

 

 

出産前日の昼ごろ陣痛が来ましたが、まだまだ弱く、次の日の朝まで我慢して病院に行き入院しました。しかし全然お産が進まず、体力的にもたないだろうということで、急きょ夜中に和痛分娩に。薬が入ってからはウトウトして陣痛で起こされての繰り返しでなんとか朝まで乗り切ってやっと産まれた! って感じでした。

ここ さん

笑気麻酔(しょうきますい)による和痛分娩を経験しました。出産の痛みは、正直すごく痛かったです。でも、これがなかったら、もっと痛かったのかもわかりません。方法は至って簡単。注射が必要なわけでもなく、自分が使いたいときに笑気ボンベに繋がっているマスクを口に持って行くだけ! それのおかげで、陣痛の合間に少しリラックスできたかもしれません。陣痛が痛すぎて、何度かボンベと繋がっているホースを力で脱いてしまい、付き添いの夫に直してもらいました。

 ぽぽ さん

もともと興味はあった和痛分娩。1人目は普通分娩で、2人目は1人目よりラクになるから……と聞いていたので、普通分娩にしましたが、時間が短い分、痛みが凝縮しすぎていて生きて帰れないほどの痛みが……。痛みのあまり、いきみもじょうずにできず、分娩台にあがってから2人目なのに1時間近く掛かりました。

 

そして、3人目。はじめから迷わず和痛分娩を希望しました。陣痛が来てから麻酔を始めるという説明でしたが、出産予定日翌日の健診でもう子宮口が5cm開いているということで、家も病院から遠かったため、そのまま入院となりました。入院後、いつ陣痛が来ても良いようにすぐに麻酔の準備がされて、陣痛促進剤開始。一時陣痛が遠のいたこともありましたが、順調に陣痛がつき、痛みが強くなったかなと感じたときには、麻酔も追加して、ほぼ痛みなしといってもよいくらいの状況で分娩台に移動して無事出産となりました。

 

痛みはなくても、おなかの収縮はわかったので、しっかり陣痛の波にあわせていきむことができ、痛みもなく出産できて、本当にラクな出産でした。痛みがない分、落ち着いて出産できたし、余計な力も入らずとってもいいお産でした。翌日の筋肉痛もなかったし、2人目のときは産後の尿漏れなども気になったけど、今回は産後のトラブルもなく、産後とっても体も元気でした。

 

初産で、和痛分娩にしていた方が何人か同じ陣痛室にいてすごく痛がっていましたが、普通分娩も経験した上での和痛だったので本当に心身ともにラクでした。痛みで母体の酸素不足になることもなく、生まれた直後から赤ちゃんはきれいなピンク色でした。和痛分娩にして、とってもよかったと思っています。経済的に余裕があって、また出産の機会があればぜったいに和痛を選びます。経産婦さんには絶対おすすめです。

りんぐりん さん

 

 

2019/06/01


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。