基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

妊娠中コラム一覧

325件
  • 【医師監修】栄養豊富な牛乳を妊婦さんは飲んでも大丈夫?

    【医師監修】妊娠中に摂取する飲食物がおなかの赤ちゃんにどんな影響を与えるか気にしている妊婦さんは多いでしょう。特に三大アレルゲンの1つである牛乳の摂取には気を使っている人も少なくありません。今回は、妊娠中に牛乳を飲んでも大丈夫か、飲む際に気を付けることはあるのか、牛乳を飲むことと牛乳アレルギーは関係があるのかについてお話ししていきたいと思います。

  • 【医師監修】妊婦のつらい花粉症! 妊娠中も飲める薬はある?

    【医師監修】妊娠すると花粉症が悪化するといわれています。妊娠する前、花粉症がつらくて薬を使用していた方もいるでしょう。ここでは、妊娠中の花粉症についてくわしく説明します。

  • 【医師監修】食べ過ぎ注意!? 妊婦さんが昆布を食べるときに注意したいこと

    【医師監修】海藻類の中でもだしをとるなど、和食に広く使われる昆布は、日本人の食生活に欠かせないものの1つです。ミネラルや食物繊維が豊富に含まれているため、健康食品としても人気があります。また、「よろこぶ」に通じるとして、昔から縁起物としても重宝されてきました。しかし、妊婦さんは昆布を食べ過ぎないよう注意する必要があります。その理由と対策についてまとめました。

  • 【医師監修】妊娠中に辛いものはダメ? 妊婦さんの体への影響や胎児への影響はある?

    【医師監修】妊娠すると食べ物に気を使うようになる人は多いものです。あれは食べていいの? これは食べてはいけないの? と、敏感になってしまうこともあり、その中で香辛料をつかった辛いものの摂取も悩みの1つかもしれません。この記事では、妊娠中に香辛料を摂っても大丈夫なのか、母体への影響やメリットについて詳しく説明していきます。

  • 【医師監修】妊婦さんは生卵を食べても大丈夫? 妊娠中に生卵を食べるリスクや注意点について

    【医師監修】妊娠中は、お酒やたばこ、生ものやカフェインなど控えたほうが良いものがいろいろありますよね。卵かけご飯やすき焼きを食べるときに使う生卵は、妊娠中に食べて良いのか心配な妊婦さんもいると思います。ここでは、妊娠中に生卵を食べても大丈夫なのか、食べるときのリスクや注意点についてお話ししていきます。

  • 【医師監修】妊婦さんの理想の朝ごはんは? 妊婦さんに必要な栄養バランスとおすすめの朝食について

    【医師監修】毎日3食、きちんと食べていますか? 妊婦さんの体はさまざまな栄養を必要としています。おなかの赤ちゃんを健やかに育むために、栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。今回は朝食に着目し、妊婦さんにおすすめの朝食例や、栄養バランスのポイントをご説明します。朝は食欲があまりない人にも、対処法をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 【医師監修】微熱は妊娠のサイン!? 妊娠にともなう体温の変化

    【医師監修】妊娠を待ち望む人にとっては、ちょっとした身体の変化に妊娠を期待することでしょう。今回は、妊娠初期の体温の変化についてお話しします。

  • つわりの期間はいつからいつまで?症状の種類やつらいときの対処法について

    【医師監修】つわりの症状や程度には個人差があり、ほとんど症状のない場合もあれば、非常につらく感じる方もいます。今回は、つわりの期間や症状の種類、つわりの対処法、吐き気がひどい場合の注意点について解説します。

  • 戌の日とは?安産祈願はいつ行く?服装や初穂料、腹帯について

    戌の日は、妊娠出産に縁起の良い日として古くからお祝いの儀式が行われ、一般的には妊娠5カ月の戌の日には安産祈願を行うのが通例となっています。今回は、初めて赤ちゃんを授かったママやパパのために、戌の日の由来や、今年の戌の日のカレンダー、安産祈願の時のマナーや服装、費用など、安産祈願について詳しく解説します。

  • 妊婦さんは咳止めを飲んでも大丈夫?妊娠中に咳が止まらない時の対処について

    【医師監修】ほとんどの妊婦さんは、妊娠中になるべく薬を飲まないほうがいい、薬に頼りたくないと考えていることでしょう。今回は、妊娠中に使用する咳止めの薬について、飲んでも良いのか、妊娠中に咳が出る場合の対処法や、薬に頼らない方法の有無について解説します。

  • 妊婦さんは岩盤浴をしても大丈夫?妊娠中に岩盤浴へ行った場合の影響について

    【医師監修】女性に人気が高い岩盤浴。妊娠すると心身ともに疲労が出てくるので、岩盤浴で癒されたいという方も多いのではないのでしょうか。岩盤浴は、美容と健康に対する効果・効能がたくさんあるとして女性が気軽に利用するようになりました。今回は、妊娠中の岩盤浴の利用をしても大丈夫なのか解説します。

  • 妊娠40週

    出産予定日ピッタリに出産するケースは少ないものです。遅れても10日程度なら心配いりません。健診で胎盤や赤ちゃんの様子を確認しましょう。出産までの過ごし方は、主治医の指示に従いましょう。

  • 妊娠29週(妊娠8カ月)

    妊娠高血圧症候群に気を付けましょう。塩分の取りすぎ、高カロリー、高タンパクの食事に気を付け、規則正しい生活リズムを保ちましょう。過労やストレスも影響しやすいので、ゆったりペースでの生活が大切です。

  • 妊娠30週(妊娠8カ月)

    出産後の育児用品の準備は出来ていますか?出産に近づくと買い物がつらくなるので、早めに揃えておきましょう。いざというときの連絡先(病院の夜間受付、タクシー、近所の知人など)はリストを作ると便利です。

  • 妊娠31週(妊娠8カ月)

    赤ちゃんは身長が41〜42cm、体重は1700gくらいになりました。呼吸の準備のため、羊水を飲み込んでは横隔膜を上下させています。大きな音や強い光にビクッと反応することもあります。やさしく話しかけてあげましょう。

  • 妊娠32週(妊娠9カ月)

    妊娠9ヶ月に入ります。おなかが胃を圧迫し、胃がむかむかしてつわりのような体調になることもあります。無理せず、少しずつ食べましょう。膀胱も圧迫されて、くしゃみや咳で軽い尿モレをしやすくなります。替えの下着を携帯すると安心です。

  • 妊娠33週(妊娠9カ月)

    里帰り出産の人は帰省の準備は出来ていますか?そろそろ荷物をまとめておきましょう。おなかが大きくなると、熟睡しにくくなります。日中に疲れが残っていたら、昼寝で睡眠を補いましょう。体の左側を下にして眠ると、大動脈を圧迫しないのでラクになります。

  • 妊娠34週(妊娠9カ月)

    乳頭を押すと初乳が出ることもあります。乳頭に付いた白いカスは、脱脂綿などで優しく拭き取って清潔にしておきましょう。また、早めにパジャマやスリッパ、タオルなどの入院準備品をバッグに揃えておきましょう。

  • 妊娠24週(妊娠7カ月)

    妊娠7カ月に入り、健診は2週に1回が目安です。まぶたがくっきり分かれるので、まばたきが見られることもあります。ママは子宮に心臓が押されて動悸、息切れを感じやすくなるので、深呼吸してリラックスしましょう。

  • 妊娠25週(妊娠7カ月)

    お腹の張りを感じやすくなる時期です。何事もがんばりすぎず、疲れたらこまめに横になりましょう。安静にしても張りが治まらず、また出血が見られるようなときは切迫早産の危険もあります。早めに受診しましょう。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。