産院の選び方《施設編》

5

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

大学病院の特徴とメリット

大学病院と他の病院との違いは産婦人科医の人数。

小さなクリニックでは院長1人というところもありますが、大学病院では10〜20人の産婦人科医がいます。

産婦人科以外の診療科もそろい、難しい病気を合併していても高度な医療が受けられることも特徴です。施設によっては新生児集中治療室(NICU)があり、いざというときの対応スムーズです。

一方、大学病院は医学部の学生の教育の場でもあります。健診や分娩室に見学者がいることもあります。

また、待ち時間が長い傾向にあります。

 

周産期母子医療センターとは?

MFICU(母体・胎児集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)を併設した病院です。

周産期とは出産の前後のこと。つまり、産科と小児科の両方の医療を併せ持つ施設になります。その地域全体で発生するとてもハイリスクな妊娠・出産、緊急搬送を受け入れる高度医療施設です。中でも総合周産期母子医療センターはMFICUを6床以上、NICUを9床以上を持ち、24時間母体及び新生児搬送受入体制が可能です。主に合併症妊娠、重症妊娠高血圧症候群、切迫早産、胎児異常等母体、又は胎児におけるリスクの高い妊娠に対する医療や高度な新生児医療等を行える医療施設です、総合周産期母子医療センターに近い設備や体制がある施設を地域周産期母子医療センターと呼びます。

 

総合病院の特徴とメリット

総合病院の特徴は産科以外の科が併設されていること。診療科が細かく分かれているので合併症も専門の科の診察が受けられ、リスクのある出産には適しています。高齢出産の場合にも総合病院を選ぶ人が多いようです。

大学病院同様、診察の待ち時間が長い、健診や出産時で担当医師が変わることがあります。

母親学級やマタニティスイミングなど妊娠出産に関する総合的なプログラムを用意している病院もあるため、産科に力を入れている病院を選びましょう。

 

産院・クリニックの特徴とメリット

ベッド数20床以上の産婦人科専門の施設を産院、ベッド数19床以下をクリニックと呼びます。

個人病院やクリニックの場合は、医師が少なく1人しかいない場合もあります。

出産方法や入院時のサービス、お祝膳やエステなど各産院によって特色があることが特徴です。中にはまるでホテルのような内装の産院もあります。ハイリスク妊娠の場合は、対応が可能かもしくは緊急時の体制が整っているかを確認しましょう。

 

助産院の特徴とメリット

助産師が開設する施設。投薬や、切開などはなく、家庭的な雰囲気の中で自然なお産をするところが多いです。

助産師が可能な医療行為は限られているため、妊娠・分娩中のトラブルがないことが大前提。

万が一トラブルが起きたときは、提携先の医療施設の医師の判断で搬送先を探すことになりますので処置までの時間がかかってしまうことも。健康な妊婦であることが第一条件になります。

 

どの施設で産むのがいいの?

心臓、肝臓、腎臓に持病を持っている人、ハイリスク妊娠、ハイリスク出産の人は大学病院や総合病院が安心です。高度医療施設で出産したい人は、MFICUやNICUといった設備は整えているかもチェックしましょう。また、こうした施設は正常出産は受け入れてない場合もあります。助産院で産みたい人は自分がハイリスク妊娠でないことを確認して。

初期妊娠リスク自己評価表で0〜1点であれば、助産院での出産も可能でしょう。

 

(監修/池谷美樹先生)

 

 

 

 

2015/08/06


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • 2ヶ月でもぼしてちょうはもらえますか?
    2017/11/0319:25
  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。