高年(高齢)出産のリスクと気をつけること

16

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

高年(高齢)出産とは

35歳以上で初めて妊娠・出産することを高年(高齢)出産と言います。統計的に34歳以下に比べて、妊娠・出産のトラブルが発生しやすいことから、ママも医療者も気をつけましょうという意味があります。

 

どんなリスクがあるの?

高年出産になると起こる確率が高くなる主なトラブルは下記です。

□妊娠高血圧症候群

□妊娠糖尿病

 

それ以外にも出産時に微弱陣痛となったり、子宮口が開きづらくなるなどの原因から、緊急帝王切開の確率も高くなります。産後、母乳の出も年齢と関係があると言われています。

 

高年出産の人が気をつけることは?

体重管理と食生活、適度な運動を心がけましょう。

特に食生活では塩分のとりすぎ、脂肪分のとりすぎには注意が必要です。

十分な睡眠と無理のない運動をすることで、出産に向けての体力作りをしましょう。また、出産後の回復にも時間がかかる人が多いようです。産後のサポート体制は、妊娠中にしっかりと考えておきましょう。

 

おなかの赤ちゃんについて

高年出産は統計的に胎児の異常が増加する傾向にあります。染色体異常や先天性異常など、おなかの赤ちゃんの病気について調べる検査を「出生前診断」といいます。

費用、検査内容、検査結果からわかることは、その種類によって変わってきます。

受ける場合は、事前に医師からの説明を受けリスクなど不明な点がないようにし、検査結果をどう受け止めるかをパパと話し合っておくことが必要です。

 

(監修/池谷美樹先生)

 

 

 

2015/08/06


この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。