妊娠中の体重管理

0

妊娠中の体重管理とは、妊娠前から出産までに、どれくらい体重を増加すればいいかの目安を決め、それに合わせて体重を増加していくことをいいます。増えすぎもよくないのですが、増えなさすぎるのもよくないことを知っておきましょう。

 

どれくらい体重が増えたらいいのか調べてみよう

妊娠前のBMIから出産までに増加する体重の目安がわかります。

 

妊娠前の体重( )kg ÷ ( 身長  m ×身長  m)= BMI

 

BMI18.5未満

出産までの体重増加は9〜12kgが目安。3食食べる習慣がなかったり、炭水化物を抜いたりしている人は、妊娠を機に食生活を改める必要があります。

 

BMI18.5〜25未満

出産までの体重増加は7〜12kgが目安。週に500g以上の増加があった場合は注意が必要です。普段の食生活に加えて、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。

 

BMI25以上

出産までの体重増加は5kgが目安ですが、主治医に相談し指示に従いましょう。妊娠初期から体重管理が必要です。毎日体重計に乗ることを習慣にし、急な増加があったときに気がつけるようにしましょう。

 

例:身長160cm、妊娠前体重50kgの人の場合

50 ÷(1.6×1.6)=19.53

出産時の体重目安は57〜62kg

 

 

どんなリスクがあるの?

体重が増えすぎることによるリスク

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、腰痛、便秘などのリスクが高まります。出産時に産道に脂肪がつきすぎていると難産になることも。産後の体型戻しも大変になります。体重の増加し過ぎで母乳の出が悪いというデータも。

 

体重が増えないことによるリスク

赤ちゃんの出生体重が減少し、2500g以下の低体重児になるリスクが高まります。そういう赤ちゃんは将来メタボになりやすいという研究結果もあります。切迫流産・早産、貧血などのリスクも。また、産後母乳の出が悪くなることもあります。

 

 

体重管理のポイント

1、毎日体重を計ろう

妊娠したら体重計を購入し、毎日同じ時間に計測するようにしましょう。1週間の体重増加の目安は200〜300g。500g以上増えた場合には、食生活や生活習慣の見直しが必要です。

 

2、食事内容を記録しよう

体重ばかり気にするのではなく、食事内容も見直してみましょう。毎日のように糖分,塩分の多いおやつを食べていたり、炭水化物を取り過ぎていたり、タンパク質不足だったりなどは記録しないと気づけません。食べすぎを防ぐだけでなく、栄養バランスがきちんととれているかの確認ができます。

 

3、便秘に気をつけよう

妊娠中はホルモンの影響で腸の働きが鈍くなります。水分をこまめにとり、食物繊維の多い食材を食べるようにしましょう。

 

4、運動も大切

おなかが大きくなるとつい体を動かすのが大変で、家の中でごろごろしがちに。妊娠中期から運動の習慣をつくりましょう。マタニティヨガやマタニティスイミングなどは、気分転換やママ友づくりにもおすすめです。

 

(監修/池谷美樹先生)

 

 

 

 

2015/08/06


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。