妊娠超初期はどのような症状があらわれる?過ごし方や特徴、気を付けることとは?

33

妊娠超初期イメージ

 

妊娠0~3週の、実際にはまだ妊娠が成立していない、あるいは成立して間もない時期を「妊娠超初期」と呼ぶことがあります。

今回は、妊娠超初期の胎児の状態や、ママの体調の変化などをご説明します。

  • 【目次】
  • ・妊娠超初期とは
  • ・妊娠超初期の症状と外見の変化
  • ・妊娠超初期の注意点
  • ・まとめ

 

 

妊娠超初期とは

妊娠超初期とはどんな時期?

妊娠4週~15週(妊娠2カ月~4カ月)を「妊娠初期」と呼びますが、この前の時期にあたる妊娠0週~3週(妊娠1カ月)を「妊娠超初期」と呼ぶことがあります。具体的には、最終月経の初日から、着床前~直後の時期です。妊娠が成立する(着床する)前の時期も含むことがポイントです。

 

妊娠超初期の変化

妊娠超初期に起こる週数ごとの変化は次の通りです。


・妊娠0~1週(妊娠0~13日)‥‥最終月経~排卵が起こる時期
最終月経開始日を0週0日として数え始めます。一般的には、最後の月経開始から2週間程度で排卵が起きます。


・妊娠2週(妊娠14~20日)‥‥排卵~着床する前まで時期
排卵が起き、卵管膨大部で精子と卵子が受精します。受精卵は分裂を繰り返しながら卵管を移動し、子宮の中へ到達します。ここまでに約6日かかります。


・妊娠3週(妊娠21~27日)…着床の開始~着床が完了する時期
受精卵が子宮内に達すると、胚と子宮内膜から分泌される酵素によって胚を覆っている帯状の組織が剥がれます。そして、子宮内膜に接着し、内側に侵入します。胚が子宮内膜の内側に完全に埋まった状態になると、着床完了(妊娠成立)です。

 

 

超初期はまだ赤ちゃんが見えない!?

妊娠超初期は、「初期」という言葉が含まれるものの、実際には妊娠が成立していない時期~着床するかしないかの時期です。着床が完了しても、その直後は赤ちゃんの存在を超音波検査で確認することはできません。赤ちゃんを包む「胎嚢(たいのう)」という袋が確認できるのは、早くとも妊娠4週以降だといわれています。「胎芽(たいが)」と呼ばれる赤ちゃんの姿が確認できるのは、さらに後の、妊娠6週以降です。

 

妊娠判定もまだできない

妊娠検査薬が陽性を示す時期は、早くて妊娠4週以降、一般的には月経予定日の1週間後にあたる妊娠5週以降に検査します。つまり、妊娠超初期の時点では、妊娠の判定をすることはできません。
 

 

 

妊娠超初期の症状と外見の変化

妊娠超初期に、ママの身体にはどのような変化が現れるのでしょうか。症状には個人差があり、妊娠超初期症状が気づかない起こらない人もいます。

 

そもそも超初期症状はあるの?

妊娠が成立すると、ホルモンバランスの変化など、さまざまな要因で、つわりなどの初期症状が現れるといわれています。妊娠が成立するのは妊娠3週の終わりごろ。つまり、目立った体調の変化が起こるのは妊娠4週以降だとされています。しかし、中には妊娠3週の時点で何らかの兆候を感じ、妊娠を予想したママもいるようです。

 

妊娠超初期症状の例

妊娠超初期症状の一例として、次のような症状が挙げられます


<ママの体調の変化>
・身体が熱っぽい、だるい
・普段より眠気が強い
・トイレが近くなる、便秘
・下腹部の痛み、張り


<ママの外見の変化>
・下腹部が張る
・胸が張る
・着床出血

 

上記の事柄は、あくまで一個人的な感覚に基づいた症状の例です。着床直前、ママの胎内では子宮内膜が厚くなり、着床が起こりやすい環境づくりが成されています。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの作用しあうことで、着床が促され、着床後は妊娠を維持することができるといわれています。一説によると、このようなホルモン変化が妊娠超初期症状の要因と考えられていますが、医学的にははっきりと解明されていないものもあります。
 

 

妊娠超初期の注意点

妊娠超初期は重要な時期です。この時期の懸念事項と注意点を知っておきましょう。

 

妊娠継続ができないケースもある

子宮内膜に着床が起こった時点で妊娠が成立しています。しかし、妊娠が継続していくかどうかは、この時点では分かりません。残念ながら妊娠超初期~初期段階で妊娠が中断してしまうケースもあります。


●化学流産
妊娠5週以前に、何らかの原因で妊娠が中断してしまうことを「化学流産」といいます。化学流産は、超音波検査で胎嚢の存在を確認する以前に発生します。痛みなどの自覚症状も乏しく、気づかずに次の月経を迎えるケースが多いといわれますが、妊娠検査薬は陽性を示すため、フライングで妊娠検査薬を使用することで科学的流産に気づく人が多いといわれています。


●子宮外妊娠(異所性妊娠)
通常の妊娠では、受精卵が「子宮体部内膜」に着床します。子宮外妊娠(異所性妊娠)は、子宮体部内膜以外の場所に着床が起こるケースを指し、卵管、腹膜、卵巣、頸管の4箇所に分類されます。子宮外妊娠の場合、妊娠6週ごろに激しい下腹部の痛みや出血などの症状が現れるといわれています。化学流産と同様に、妊娠検査薬は陽性を示すものの、超音波検査では子宮内にあるはずの胎嚢が確認できません。場合によっては薬物治療や手術で胎嚢を除去する方法がとられます。

 

妊娠超初期に気を付けること

妊娠超初期は次の点に注意しましょう


・妊娠検査薬の使用時期はくれぐれも注意!
近年では妊娠検査薬の感度が上がってきており、ネットなどでは信ぴょう性は不明であるものの「超初期段階で既に微弱な陽性反応が出た!」という声もあります。しかし、この段階で確定診断はできないことを心に留めておきましょう。


・無理をせず、身体を大切に
妊娠超初期の段階では、食べ物や運動の制限などは必要なく、普段どおり行動してよいといわれています。とはいえ、妊娠の可能性があるときは無理をしないことが大切です。お酒はほどほどに、危険な行動は避けるなど、行動に注意しましょう。

 

 

 

まとめ

妊娠超初期は妊娠が成立する、大切な時期です。特に妊娠を望む女性の場合、些細な体調の変化に敏感になってしまうかもしれません。しかし、妊娠の判定ができるのはまだ先。妊娠超初期はあまり思い詰め過ぎず、リラックスした生活を心がけましょう。

 

参考:
・メディックメディア:病気が見える vol.10産科,第3版
・病気を知ろう:産科の病気,日本産婦人科学会


 

 

妊娠超初期の体験談

ヨガを習っていたのですが、お腹を伸ばしたりねじったりするポーズが突然やりにくくなりました。お腹が自由に動かない感じです。    いつもは残して旦那に食べてもらうラーメン屋さん、無意識にチャーシュー増しで注文し、さ完食しました。どうしたんだろうと思って手帳を確認すると生理予定日1週間遅れていました。検査すると陽性でした。

ゆゆゆさん

 

妊活というほどのこともしておらず、できたらいいなと話して4ヶ月経った頃に妊娠しました。  まだ妊娠初期ともいえない時期に動悸が激しくなり、食欲が失せてきていて、夏バテだと思っていたものの、生理がこないので、もしやと思って調べたところ妊娠してました。  まだ6週くらいだったと思います。  それからだんだんつわりがきつくなり、その頃にはひどい動悸は落ち着いてきましたので、あの動悸は超初期の症状だったのかなと思っています。

ルイさん

 

ちょうど着床したと思われる時期に軽い風邪のような症状が出ました。  鼻水が出て少しだけ熱っぽくてだるい感じです。  翌日、家族と温泉旅行の計画があって、症状は軽かったので温泉に同行しました。  温泉のお湯に使った時に、なぜかいつもは大丈夫なのに、お湯に使った瞬間に肌がピリピリというかチクチクした感覚に襲われました。  また、お昼に月見そばを食べたんですが、美味しいと感じるのにどこか鼻から抜ける匂いに気持ち悪さを感じ、帰りの車ではいつもは酔わないのに辛い車酔いに襲われました。  なんだかいつもと違うなぁと思うことが多かったです。  妊娠が発覚してから思い返すと、あれは妊娠したために起こったんだなぁと感じました。

carlo1205さん

 

3人の子供がいるアラサーです。妊娠するとなんとなくですが予感的中します!妊娠超初期の身体の変化として、私の場合は生理前以上に胸がすごく張ります。あとお腹も張りやすい。検査薬で調べてみると3人とも妊娠していました。

初心者キャンパーさん

 

妊娠したかもと気づいたのは生理予定日を2.3日すぎた頃でした。なんか気持ち悪いし、ご飯も食べれなくなりました。また、もともとそんなに生理が遅れることがなかったのでもしかしたらと思い、予定日から1週間後、検査薬で検査したら陽性でした。その次の日に産婦人科いったら、ぴこぴこ動いていました。

さやんさん

 

まだ妊娠している自覚がないときに、吐き気が1日中続いて、ご飯もいつもの半分も食べられなくて、これはもしかして!?って思いと、最近生理きてたから違うかなーって思いが交じってスマホで調べたりしてました。  出血しても生理ではなく、着床出血の可能性もあると、でも結構出血の量は普通の生理並にあって、異なることは、いつもは7日あるのが3~4日で終わったってことくらいでした。  吐き気は毎日ずっとあるから、気になりだしたら早く検査薬で調べたくなるけど  早いと反応しないと困るから  検査薬を買っといて、大体この日にちくらいなら反応すると計算して、まだかーまだかー、早く調べたいって、もし妊娠してなかったら、吐き気がしてご飯が食べられないから病気だって思いながら2週間くらい過ごしました。  そして、もう良いかなと検査薬を試したら陽性反応ですごく嬉しかったです。

ゆりあさん

 

2人目を妊娠した 妊娠超初期のころの妊娠に気付いた時のはなしです。     ある日 息子(当時2歳)とお出かけをすることに さぁ!出かけようと 息子と歩いている時 突然   息子が“今日はママと3人でお出かけだねー”と。。。ん??3人??    ちがうよ。今日はママと2人でお出かけだよ!と言うと、さらに。。。  “3人なのー!! ”  3人ってだれ!?  “よーちゃんとママと赤ちゃんだよ”  赤ちゃん!?  “ママのお腹にいるんだよ”    ほんとびっくりしました。妊娠希望だったので、翌日少し期待を込めて検査薬を使うと。。。陽性反応が♪♪ ♪     妊娠に気付いたちょっぴり不思議な体験てんした。

陽16さん

 

1人目の妊娠時に普段あまり無いのですが、じんましんがひどかったです。体調もイマイチ、そのため身体が痒いのかな…とも思っていたのですが、今思うと妊娠したためだったと思います。

あきちょふさん

 

実感として、続く高温期はもちろんでしたが、下腹部にちくちくするような違和感がありました。普通に生活している中で、微量の出血が見られたこともあり、職場にはすぐ報告しました。理解のある上司で仕事内容をすぐに見直してくれました。

まなせさん

 

なんだかトイレが近かったです。生理痛のような腰の痛みと、下腹部の鈍痛があったため、生理がくると思っていました。まだまだその時はつわりなど無く、普通に生活してました。私の場合、本当にいつもの生理前症候群の症状と全く変わりませんでした。

たまこさん

 

着床するかしないかの頃、子宮がむにむにと動く感じがしました。痛いわけでもなく収縮したというよりはただ動いた、という感じ。初めてのことで、時期的に月経の前兆か何かかな?と思ったら妊娠していました。いわゆる着床痛の一種だったのかも、と思っています。

マサキさん

 

夜勤中、膀胱炎の様な症状が。トイレに行っても残尿感がありすぐトイレ。排尿は無いが、またすぐトイレと。夜勤のため、我慢し仮眠中に1時間以上トイレに座り仮眠。本当に、辛く今思うとあれが、妊娠超初期症状だったとわかりました。

はるさん

 

私はつわりの症状が早めから出てて、食べては吐き寝るを繰り返してました。  特に朝は眠くてなかなか起きれなく、日中も仕事中眠さが襲ってくることもありました。  あと自分でも面白かったのは、電車や車に乗ってて、スピードが早く感じて頭がクラクラすることがありました。気づけば自転車すらスピードが早く感じ、移動するとき乗り物はあまり乗れませんだした。

みっちーさん

 

月経予定日に来なかったので、検査薬を使って陽性。何事もなかったように振る舞うために、全くの平常通りで過ごしました(出張もバンバン行きました^^)。  しかし、大きさは思ったより大きく(一週早い位?)、結局39週(自分では38週だと思っているけれども)で誕生。超初期の段階から(まだ6週とか言われている段階)娘が「じいちゃんがいる」と言って、勝手に男の子の名前で呼んでいましたが、やっぱり男の子でした。不思議な体験でしたが、日に日に父にそっくりになってきて、やっぱり生まれ変わりなのかしら、と思う今日この頃です。

ぽんぽんさん

 

1人目の時はお乳が張って痛く生理前みたいな感じでしたが生理の時と違うのが下腹部に痛みや違和感がなくて気持ちも生理はこないとわかってるみたいな感じでした。  2人目の時は生理予定日に急に娘が甘えたに変わってずっと抱っこしてないとだめ、股のぞきするという行動をとってました。  それを見た祖母が妊娠してるといい検査薬して初めて自分も認識しました。  2人目の時は母と叔母が鼻にニキビができて妹が夢を見て娘が甘えたになってそれを見た祖母に妊娠してるといわれるまで気づかなかった私...自分の体なのに気づいたのが1番最後でした。  それほど2人目の時は1人目と違って初期症状が出ていませんでした。

まーちゃんさん

 

 

 

監修者

看護師 しらいし ゆみか

フリーライター


2008年より看護師として総合病院勤務。診療科としては主に小児科、整形外科、泌尿器科を経験。その後、派遣でクリニックや健診、ツアーナース、保健室業務、保育園、看護学校臨時教員などさまざまな働き方をし、現在はフリーランス看護師として働きながら医療系ライターとしても活動中。


2017/11/13


この記事にいいね!しよう

いいね!
33

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。