妊娠中期[16週~27週]はどんな時期?過ごし方や気を付けることは?

5

妊娠中期イメージ

 

妊娠中期に入ると、だんだんお腹が出てきて外見も妊婦らしい体つきに変化してきます。安定期と呼ばれるこの時期は、ほかにどのような症状の変化や胎児の成長がみられるのでしょうか?

ここでは胎児の変化のほかにも、気を付けておきたいことや起こりやすい異常について紹介していきます。

 

 

妊娠中期はどんな時期?

妊娠中期は、妊娠16~27週にあたる時期で妊娠5~7カ月にあたります。一般的に妊娠5カ月を過ぎると、妊娠初期に比べて流産のリスクが低くなることから「安定期」と呼ばれています。

 

つらかったつわりの症状も落ち着く頃で、気持ち的にも余裕が出てくる頃です。友人や親戚などには、安定期を迎えたタイミングで妊娠報告をする人が多くなっています。
 

 

 

妊娠中期の胎児の変化

妊娠中期に入ると、おなかの中の赤ちゃんの性別が超音波でわかるようになります。

 

妊娠5カ月(妊娠16~19週)の胎児の変化

・身長:25cm(19週の終わり頃)
・体重:約250g(19週の終わり頃)
・皮下脂肪がつきはじめる
・全身にうぶ毛が生えはじめる
・髪の毛が生え、爪が生えはじめる
・皮脂腺から分泌がはじまる

 

おなかの赤ちゃんに筋肉がついてくるため、おなかの中で動くようになります。超音波検査で呼吸をするような動きや飲み込むような動きも観察できるようになり、タイミングが合えば口を動かしたり口元に手をもってきたりする様子をみることもできるようになります。


また、この頃には聴覚機能もほぼ完成しており、音に反応するようにもなります。

 

妊娠6カ月(妊娠20~23週)の胎児の変化

・身長:30cm(23週の終わり頃)
・体重:約650g(23週の終わり頃)

・生まれてから自分で呼吸するために必要な肺サーファクタントが作られはじめる

・胎脂が全身にみられるようになる

 

妊娠7カ月(妊娠24~27週)の胎児の変化

・身長:約35㎝(27週の終わり頃)
・体重:約1,000g(27週の終わり頃)
・これまで透明だった皮膚は紅色に色づきはじめ、しわなどが見られるようになる
・目をあけるようになりまばたきがみられる

 

26週頃には肺がほぼ完成しますが、生まれて肺で呼吸するための機能が整うのはもう少し先になります。脳の機能も発達し、動きを自分でコントロールできるようになるため、胎動がより活発になり始める時期です。
 

 

 

妊娠中期の症状と母体の変化

妊娠前は鶏の卵ほどの大きさだった子宮は、妊娠中期に入ると成人の頭ほどの大きさになります。

 

妊娠5カ月(妊娠16~19週)症状と母体の変化

個人差はありますが、つわりの症状は落ち着くころです。子宮が大きくなりはじめることで胃や肺が圧迫されるようになります。そのため、胃もたれや動悸、息切れがでることもあります。

 

妊娠6カ月(妊娠20~23週)症状と母体の変化

個人差が大きいですが、胎動を感じ始める人が多いのが妊娠6カ月頃です。胎児が大きく成長するにしたがって胎盤を通じて渡される栄養素も多くなり、胎盤性ホルモンが多く分泌されるようになります。その結果、インスリン抵抗性が高くなるため、妊娠糖尿病を発症するリスクが高くなってくる時期です。

 

外見上は、お腹が前にせり出してくるため妊婦さんらしい体つきになってきます。それに伴い、腰にも負担が出てくるため腰痛や背中の痛みが出てくる人が多いようです。

 

妊娠7カ月(妊娠24~27週)症状と母体の変化

お腹はより大きくなるため、寝る時に仰向けの姿勢が辛くなりはじめます。また早い人だと、妊娠線もでき始める時期でもあります。また、むくみが強くなったり、乳首が黒くなるなどの変化が起こります。

 

 

 

妊娠中期に起こる可能性のある異常

・後期流産
妊娠5カ月に入ると安定期に入ったと安心する人も多いでしょうが、まだ切迫流産のリスクがゼロになったという訳ではありません。

 

妊娠12~22週までは後期流産のリスクも残っています。後期流産になると、胎児も大きくなっているため通常の分娩と変わらない方法での処置が必要になり、死産として取り扱われます。

 

比較的自由に動ける時期ですが、出血、下腹部痛、おなかの張りがあるなどの異変を感じた場合はすぐに病院で相談しましょう。

 

・妊娠高血圧症候群
妊娠20週以降~分娩後12週までの間に高血圧、あるいは高血圧と蛋白尿を伴う場合、「妊娠性高血圧症候群」と診断されます。

 

全妊娠の約3~7%の割合で発症すると言われていますが、母児にさまざまな影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。

 

・妊娠糖尿病
妊娠中によって軽度の糖代謝異常をきたすと、「妊娠糖尿病」と診断されます。家族に糖尿病の方がいる場合や、肥満・過度の体重増加、35歳以上の方で発症リスクが高くなるといわれています。妊娠糖尿病では、胎児が巨大児になるリスクがあるため食事療やインスリンの注射などによって治療がおこなわれます。

 

・胎児発育不全(FGR)
おなかの中の赤ちゃんの成長が妊娠週数に対して遅く、基準値を超えた場合、「胎児発育不全(FGR)」と診断されます。

 

初期の診断が胎児の染色体異常や先天奇形が原因なのに対し、中期以降は胎盤梗塞や前置胎盤、臍帯付着異常などが原因となっています。全妊娠のうち約8~10%の割合で発症します。

 

・切迫早産
妊娠22~37週未満で早産のリスクが高くなると「切迫早産」と診断されます。この時期は、胎外でも赤ちゃんが生存できる可能性はありますが、妊娠数週が長いほど生存率は高くなるため、妊娠を継続するための治療がおこなわれます。切迫早産と診断されたら、医師の指示に従いできる限り安静にすることが大切です。

 

・前置胎盤
大量出血などが起こり、胎児だけではなく母体にも危険性が高いのが前置胎盤です。前置胎盤の診断を受けたら、入院管理とともに帝王切開で出産するスケジュールなどが決められます。

 

 

 

妊娠中期に気を付けることは?

妊娠中期に入ると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など、さまざまな合併症のリスクが高まります。

 

これらの合併症のリスク因子のひとつに肥満や急激な体重増加があります。つわりがおさまり、食欲がではじめる時期ですが体重は1週間に500g以上増えないように注意しておきましょう。

 

また、運動は分娩における体力強化や体重管理・ストレス解消のためにいいといわれています。始める前は医師に相談し、激しい運動や体調が悪い時の運動は控えるようにしましょう。

 

妊娠線予防などもこの時期から始めておくといいでしょう。

 

仕事はいつまでできる?

体調に問題がなければ仕事を続けることが可能です。ただ、立ち仕事や肉体労働などに従事している場合は特に、立ちくらみやめまい、貧血症状のほか、お腹のはりなどには注意しておくようにしましょう。


これらの症状が頻繁に出るという場合や妊婦の身体に影響する仕事に従事している場合は「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用すると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

妊娠中期に入るとお腹も大きくなり見た目にも目立つようになります。胎児の性別も分かり、胎動も感じられるようになるためよりママとしての自覚を強く持つようになるはずです。

つわりなどの症状が落ち着く半面、食べ過ぎによる体重増加には注意し、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などに注意して、健康なマタニティライフをおくるようにしましょう。

 

参考

・メディックメディア:病気がみえるVol.10 産科 第3版

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

◆妊娠中期に関するQ&A

 

 

妊娠中期に関連する体験談

臨月まで介護の仕事をしていたので仕事が運動のようなものでした。職場の方たちに「こんなに動いてれば安産よ~」と言われてました。産休に入ってからは主人の仕事を見送ったあと夏場だったので涼しい朝に30分程度散歩を数回したかな?
たいがママ さん
今、二人目妊娠中です!
1人目妊娠中の時、安定期入った頃から、体重増加防止と赤ちゃん大きめと言われ、安産のためにも、旦那さんと、毎日一時間くらいのウォーキングするのが日課になっていました!\(^o^)/同じ所をぐるぐる歩くのは、飽きてしまうので、コースを決めて道を歩きました!おしゃべりしながら、とっても楽しかったです!病院のマタニティービクスも通いましたが、凄いハードで、それが、またストレス発散になって楽しかったです!赤ちゃん4kg超えるといわれ、予定日超えても生まれなくて、恐怖で、泣ながら歩いたのが懐かしいです!今回わ上の子もいるので、あの楽しかったウォーキングやマタニティビクスできないのが残念ですが!体調良ければ、ぜひお勧めです?!
あやち さん
今月で7ヶ月になる初マタです。昔からテニスをしていたので、スイミングやヨガは考えていませんでした。妊娠が発覚してからもほぼ毎日のように練習し、試合を無理しない程度でしていますが、今のところ健診では先生から「良好」と言われています。なのでついついハードになってしまうこともありますが、これから先、お腹が張るようになってきたらテニスを諦めてウォーキングに変更するつもりです。
ぺこ さん
タバコを辞めたら息切れしなくなったので、階段を駆けのぼったり、少しの距離なら大丈夫と走ったりしていたら、出血して切迫流産になり絶対安静になりました。絨毛膜下血腫で一ヶ月半自宅安静を乗り越えて今臨月ですが、今度は一日3時間は歩けと言われています。
りさ さん
みんな結構運動やってらっしゃるんですね!確かに、時々散歩中の妊婦さんを見かけることがあります!
私は家事と、テレビを見て横に寝転びながら足を伸ばして太ももを上下させる運動くらいです。あと、あぐらをかくと骨盤の開きがよくなり出産に効果的と聞いたので、普段からあぐら股割り生活をしていました。
ぽぽ さん
もともと運動が好きな方ではなく、運動する習慣がなかったので、散歩する程度の運動しかしませんでした。真夏の出産予定だったので、散歩するにも夕方6時前後の涼しい時間帯になってから出かけるようにしていました。臨月近くなると、毎日頑張って散歩を続けていたのですが、なかなか生まれず、結局予定日を1週間過ぎて生まれました。
あっちママ さん
現在妊娠6ヶ月。もともと身長153センチなのに60キロ近い体重で太っていたこともあり、体重管理には特に気をつけています。6ヶ月の今は4キロ増…、体重が増えていくストレスを感じています。残りの期間も合わせて、なんとか8キロ増以内に抑えたいなーと思っています。マリンスポーツ好きで、妊娠線つくのも嫌なので頑張ります♫
ちこ さん
妊娠したんだから太るのは当たり前と思い5ヶ月まで体重を計らないていたら…きずけば四キロ増し。それからは病院で測るように言われあせり測るけれどあれよあれよと現在7ヶ月で7キロ増し…(>人<;)
食べつわりだったのもあり、食べてばかりです。あと三ヶ月でさらに増えるはず(>人<;)なんとか10キロで収めたい…いまからなんとかスムージーや野菜など多めに甘いもの控えめに頑張りたいです。ランチやめなきゃー
はなこ さん
一人目は、里帰りして上げ膳据え膳の生活に加え、年末年始の正月をはさんだせいか、+16キロで出産しました。
体重が戻るか心配でしたが、分娩直後の大量出血のため退院時には-9キロ、その後は授乳による睡眠不足に陥り、食欲より睡眠欲を優先した結果、1ヶ月健診には妊娠前に体重が戻っていました。
そして二人目妊娠中の今は、気を付けていて妊娠6ヶ月で+5キロです。
一人目の経験でちゃんと体重が戻ったため、二人目の妊娠では、さほど神経質にならずに体重管理できています(^-^)
まきまき さん
3ヶ月頃から市販の保湿剤を全身に塗っていましたが、臨月に入った途端に下っ腹に真っ赤な線がたくさん…。肉割れのように窪んでいるから、これは間違いなく妊娠線なんだと理解した瞬間、しばらく放心状態で鏡を見つめてました…。体重が+11kgだったせいなのかな?2人目の時には気をつけたいと思います。
ぺこ さん
第一子の時は安定期以降が乾燥する時期だったということもあり、お風呂上がりに妊娠線用のローションをたっぷりと塗っていました。ずっと妊娠線が出来ていなかったと思っていましたが、産後、下腹部と下の毛の間に3cm×4本ほどできていたのを発見。見えない部分だったので「やられたー」という感じでした。現在は第二子を妊娠中で17週になります。私の場合、体重は月1kgも増えてないペースですが、第二子はお腹が出てくるのが早い!今回はお風呂上がりの濡れた状態でココナッツオイルを塗り、更にタオルで拭いてからローションを塗っています。今回は妊娠線を作らないよう頑張ります。(←我が家は南国暮らしでよく水着になるからです)
咲 さん
妊娠中から妊娠線は気にしていました。でも専用のクリームはお高いので、市販のクリームを購入!!体調が悪かったこともあり、お風呂上がりに思い出せばクリームを塗る程度でした。体重は妊娠前より16kgも増えでっかいお腹だったのに体質なのか全く妊娠線できませんでした!
たいがママ さん
妊娠線専用クリームは高いので、ベビーローションをお腹に塗ってマッサージしていました。ベビーローションはベビーにも使えるものなので、肌に優しいかなぁと思って、ベビーローションを選びました。おかげさまで妊娠線はできませんでした!
ぽぽ さん

2017/11/13


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。