母子健康手帳の使い方

8

母子健康手帳をもらうとなんともうれしい気分になるものです。ここでは母子健康手帳の使い方を教えます。読んで書いてしっかりと活用しましょう。

 

 

内容を読む

母子健康手帳の中には、妊娠中の栄養についてのアドバイスや、赤ちゃんの発達の目安、育児のポイントなどが書いてあります。予防接種や乳幼児の事故予防についても書いてあるので、一度一通り読んでおくといいでしょう。

 

記入欄に書く

母子健康手帳をもらったら、まず自分の名前と連絡先を記入しましょう。そのほか職業やパパの名前などを書く欄がありますので、記入できるところは書いてみましょう。そのほか、妊婦さん自身の記録ができる欄もあります。体調や次の健診で聞いておきたいことなどをメモしておきましょう。

 

持ち歩く

外出するときには母子健康手帳を持ち歩きましょう。万が一体調が悪くなった場合にも、母子健康手帳を持っていると妊娠週や今の体の状況がわかります。病院に搬送された場合、迅速に対応をしてもらえます。

 

緊急の際、救急隊や搬送先の病院で医師が確認できるように、飲んでいる薬やアレルギー、手術の経歴などはきちんと書きましょう。また、分娩予定日はとても重要な情報なので、必ず記載するようにしましょう。いつも自分に意識があって説明できるとは限りません。

 

 

母子健康手帳はママだけでなくパパの気持ちを書いても大丈夫。母子健康手帳は、主に子どもが小学校入学ごろまで使うものですが、病歴や予防接種なども含めると大人になるまで、大切に保管しておきたいもの。一生の記念になるように活用してみてください。

 

(監修/池谷美樹先生)

 

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。


経歴

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


2015/11/15


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。