母子健康手帳はいつ、どこでもらう?もらい方や使い方について

4

 

母子健康手帳は、受け取った瞬間に、あらためてお母さんになる喜びをかみしめることができる、特別な手帳です。そんな母子健康手帳ですが、いつどこでもらえて、もらったらどうやって使うものなのでしょうか?というわけで、今回は母子健康手帳についてまとめてみました。

 

 

母子健康手帳って何?

あらためて“母子健康手帳”と言われると、それ何?と思うかもしれませんが、俗にいう「母子手帳」のことです。

母子健康手帳は、妊娠してから出産までの母子の健康状態、そして乳幼児期の子どもの健康状態を1冊の手帳で管理できるという便利で大切なツールです。

妊婦健診や乳幼児健診、保健指導や予防接種などの記録を一貫して管理することができるわけです。手帳の情報は、医療機関でも記載・参照しますし、自分でも記載し管理していくことが出来ます。

 

 

母子健康手帳っていつどこでもらえるの?

では、そんな大切なツールである母子健康手帳は、いつどこでもらえるのでしょうか?

母子健康手帳の発行については、母子保健法という法律に、妊娠したら市区町村長に妊娠の届出を出し、市区町村は妊娠の届出をした人に対し母子健康手帳を交付する、と定められています。

 

だいたい妊娠10週頃になって、医療機関で胎児の心拍が確認できると、「母子手帳をもらってきてください」と言われることが多いと思いますので、そのタイミングで妊娠届を市区町村に出します。そうすると、母子健康手帳が発行されます。

 

医療機関で妊娠がわかったら、その場ですぐもらえると思っている方も多いようですが、そうではないのです。母子健康手帳は役所から発行される手帳です。

そして、自治体によって異なるものの、母子健康手帳の発行と同時に、妊婦健診の受診券や補助券を一緒にもらえたり、母親学級の案内があったりします。

 

 

母子健康手帳にはその時の状況を記入する

母子健康手帳を受け取ったら、まずは子の保護者欄を記入してしまいましょう。そして、“妊婦の健康状態等”や“妊婦の職業や環境”のページにも、そのときの状況を記入をしておきます。ここに載っている情報が、のちのち何かあった際に医療の情報源となりうるからです。

 

・妊娠中の経過を記入

医療機関で妊婦健診を受けるたびに、“妊娠中の経過”というページに、検査などの記録を記入してくれます。体重や血圧なども記録されますので、妊娠中の健康管理や食事などの参考にするといいです。妊娠中の生活のアドバイスも、母子健康手帳の後ろの方のページに載っていますので、目を通しておくとよいでしょう。

また、母親学級に参加した場合は、その受講記録も記入しておきましょう。

 

・出産の状態を記入

では、いよいよ出産当日ですが、医療機関では出産の状態や経過などを記録しており、母子健康手帳にもそれが記録されます。

出産時の赤ちゃんの身長・体重といったサイズや、退院するまでの赤ちゃんと母体の健康管理も母子手帳にしっかり記録されます。

ここに記録されている情報は、後々乳幼児健診や予防接種の際など、さまざまな場面で必要になりますのでとても大切です。

 

 

出産後の母子健康手帳の活用方法

母子手帳は出産までの間だけでなく、出産後も子どもの成長とともに、長い期間使用することになります。出産後はどのように母子健康手帳を活用するのでしょうか?

出産後には、成長の記録や予防接種の記録を、保護者と医療機関が一緒に記録し、母子健康手帳を子どもの健康管理に活用します。

 

・成長の記録を記入

母子手帳には、赤ちゃんの月齢ごとに、成長を記録できるページが6歳の頃まであります。例えば3~4カ月の頃というページには、首が据わったか、あやすとよく笑うかなどを保護者が記録するようになっていて、医療機関での3カ月健診の際にそれを確認したうえで、医療機関での健診結果もまた、そこに記録されます。医療機関と保護者が一緒に成長を記録していくことが出来るようになっているのです。

また、母子健康手帳の後ろの方のページには、妊娠期間同様に、月齢別に育児のアドバイスも掲載されていますので、育児でわからないことがあったり、心配なことがあったら参考にし、うまく活用できるとよいでしょう。

 

・予防接種の記録を記入

さて、もうひとつ出産後の大切な記録が、この予防接種の記録です。予防接種の際には必ず母子手帳を持参し、いつ何の予防接種をしたか医療機関で記録してもらいます。これについては小学生になってからも予防接種のたびに記録されますので、母子健康手帳は小学生以降も使います。

予防接種の記録は、何か後々病気をした際などにも確認される大切な情報です。幼稚園入園時や小学校入学時、中学校入学の際にも予防接種の記録を記載しなければならない書類が出てきます。そういった場合にも、母子健康手帳の情報を参考に記入することになります。さまざまな場面で必要になりますので、予防接種の記録はとても大切です。

 

 

まとめ

母子健康手帳は、医療機関と保護者が情報共有しながら健やかに子どもを育てるのにとても大切な役割を果たしているということがわかりました。母子健康手帳は、お母さんと子どもの大切な情報が詰まった大切な1冊です。

 

 

 

 

【関連リンク】

妊娠が確定したら、母子手帳をもらいに行きましょう!

可愛くて便利!100均の◯◯を母子手帳ケースに!

初めて手にした可愛い母子手帳にワクワク!かけがえのない1冊に

自治体によって違う?母子手帳はいつもらえるの?

妊娠中、母子手帳を紛失した!どうしたら良い?

 

 

◆出産への不安に関するQ&A

 

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

 

監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


2019/01/15


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。