【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)は痛い?目的と効果について

25

 

内診グリグリ(卵膜剥離)イメージ

 

出産間近の健診のときにおこなわれることが多いといわれる「内診グリグリ(卵膜剥離)」。痛みを感じる人もいるため、初産婦さんは特に心配かもしれません。内診グリグリは、どのようなケースでおこなわれるのでしょうか?今回は、内診グリグリの目的や効果などついてご説明します。

 

 

内診グリグリ(卵膜剥離)とは?

「内診グリグリ」は妊娠中の内診の際におこなわれる処置の一種です。まずは内診グリグリの概要を確認しましょう。

 

●そもそも内診とは?
産婦人科を受診したことがある人にとっては、内診がどのようなものかご存知かと思いますが、内診とは女性の腟に器具や指を挿入して腟や子宮口、子宮、卵巣の状態を調べる診察の方法です。下着を脱いだ状態で内診台に上がり、診察を受けます。

 

●正式名は「卵膜剥離」!“グリグリ”されるのが特徴
「内診グリグリ」というのはあくまで俗称で、正式には「卵膜剥離(らんまくはくり)」といわれます。なぜこのような俗称がついたのでしょうか?卵膜剥離は、子宮の下部から指を入れておこないます。この際、グリグリと押されるような感覚があることから、「内診グリグリ」と呼ばれるようになったようです。

 

 

内診グリグリ(卵膜剥離)をする目的

おなかの中の赤ちゃんと羊水は、卵膜と呼ばれる薄い膜に包まれています。
卵膜剥離とは、卵膜を子宮口付近の子宮壁から剥がす行為で、これによって分娩誘発への効果が期待できるといわれています。
卵膜剥離は薬や器械を使用せず、医師や助産師の手でおこなうということが大きな特徴です。

 

卵膜剥離は、子宮頸管の状態を分娩に適した状態にし、陣痛が始まるように誘導する目的でおこなわれる処置のひとつです。妊娠42週に入ると「過期産」と呼ばれる時期に入ります。妊娠42週に入っても出産に至らない場合、赤ちゃんにさまざまなリスクが生じるとされていますので、妊娠42週に入る前に陣痛を誘発し、分娩につなげる必要があります。

 

また、卵膜剥離は人工的に陣痛を起こしたり、増強させる(※微弱陣痛時)前段階の処置としておこなわれるのが一般的です。陣痛誘発は基本的に過期産を予測される場合におこなわれますが、計画分娩やさまざまな事情によっては正期産の間におこなわれることもあります。

 

 

内診グリグリ(卵膜剥離)をおこなうタイミング

卵膜剥離が適用されるケースとしては、「41週0日になっても自然な陣痛が起こらない場合」と「子宮口が指1本分以上開いている場合」などがあります。
しかし、実際のところは医療施設によって卵膜剥離についての考え方や実施のタイミングが異なっているようです。

 

卵膜剥離は必ずしも全ての人に適用されるわけではありませんが、予定日を過ぎても陣痛が来ない場合は、心の準備をしておいた方がよさそうです。


卵膜剥離をおこなうことによって、過期産の可能性を下げることが期待できるといわれています。しかし卵膜剥離の効果には個人差があり、卵膜剥離の直後にお産が進み始める人もいれば、数日経っても陣痛が起こらない人もいます。

 

 

内診グリグリ(卵膜剥離)の効果と痛み

卵膜剥離の方法はいたってシンプルです。処置は内診台に上がった状態でおこないます。内診時に子宮頸管の内周に合わせて指を一周させ、卵膜を子宮壁から剥がします。

 

痛みには個人差があり、「激痛」と表現する人もいます。出産を経験した方の中には「陣痛より内診グリグリの方が痛かった!」という人もいる一方で、痛くなかったという人もいます。これは、子宮頸管の熟化の程度によって異なるようです。

 

そして、卵膜剥離の際に破水してしまうケースがあります。破水後は感染症のリスクが高まるため、24時間以内に陣痛が起きなければ、誘発分娩になることが多いです。
また、卵膜をはがした際、少量の出血がみられることもあります。

 

まとめ

痛みが強いといわれる内診グリグリ。予定日を過ぎても陣痛がこない場合など、どうしても必要とされるケースもあるでしょう。医療機関によって卵膜剥離の扱いは異なりますから、気になることがあれば医師や助産師に相談してみましょう。

 

 

 

 

◆内診に関連するQ&A

 

 

◆妊娠中に関連する体験談

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2017/12/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
25

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。