妊娠前の健康診断とブライダルチェック

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

普段「たいしたことない」と思ってほうっておいた体調不良が、実は病気が原因のもので、妊娠の継続が難しくなったり、妊娠してからでは治療が難しいために大変なことになる事例も実際に見られます。普段の健康チェックときちんとした健康管理が、妊娠・出産準備のための基本と考えてください。もちろん検査の結果、要注意事項があった場合はきちんとした診断を受け、治療が必要な場合は妊娠前に受けておき、妊娠を望む場合には、担当医に事前に相談されることをおすすめします。

婦人科の病気で、事前の発見と担当医の判断を仰いでおきたいのが子宮筋腫や卵巣腫瘍ですが、特に怖いのは子宮がん。妊娠がきっかけで発見されることもあり、せっかくの妊娠を悲しい結果に終わらせないためにも、ぜひ1年に1回は検査を受けておきましょう。糖尿病や高血圧、心臓病、腎臓病なども妊娠前に発見しておきたい病気です。ぜんそくも、強い発作をひんぱんに繰り返している方の場合は注意が必要です。

初めての妊娠を考えている女性の場合、おすすめしたいのは「ブライダル・チェック」。今後妊娠・出産や、赤ちゃんに影響を及ぼすような病気にかかっていないかをチェックする検査です。B型肝炎やC型肝炎、性病やHIVなどの検査項目があります。婦人科だけでなく、内科でもおこなっている病院もありますよ。

 

 

 

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る