子宮筋腫

10

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる良性の腫瘍のことで、30〜40代に多い病気です。場所や大きさによって症状には個人差があり、場所によっては不妊の原因にもなります。なかにはまったく自覚症状がなく、妊娠によって筋腫が発見される人もいます。

 

 

症状チェック

これらの項目の多くに心当たりがあれば、早めに受診しましょう。

 

  • 月経血の量が多く、生理期間が長い
  • 生理ではレバー状のかたまりが出ることもある
  • 生理中に疲れやだるさを感じやすくなった
  • トイレが近くなった、便秘になった
  • 生理日以外でも下腹部に痛みや張りを感じる
  • 下腹部にしこりがある

 

 

症状が軽ければ妊娠・出産も可能

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、大きくなっても生命に関わることはなくがん化することもまずありません。ただし、筋腫が大きかったり数が多くて子宮内膜に凸凹ができていたり、受精卵が着床しにくい場所にできていたりすると妊娠しにくくなったり、流産、早産の原因となることもあります。

筋腫の数も少なく、サイズも3〜4cm程度であれば問題なく出産できるケースの方が多いため、あまり心配しすぎる必要はありません。ただし、歳月を経るごとに筋腫は大きくなりますし、妊娠中も大きくなりやすいため子どもが欲しい人は早めに妊娠するよう勧められます。

 

 

 

不妊の原因なら手術することもあります

検査を受けて子宮筋腫の疑いがある場合には、6ヶ月に1度は婦人科を受診し、筋腫の状態を診てもらいましょう。場合によっては筋腫を小さくする効果のあるホルモン剤を使用することもあります。

また、筋腫の大きさや位置によって不妊につながっている場合には、その部分だけを取り除く手術が行われる場合もあります。7〜8cmくらいの大きさになっていれば、切除してから妊娠に臨んだ方がベターです。

 

(監修/天神尚子先生

 

 

2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。