カンジダ腟炎

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

カンジダ腟炎は、常在菌であるカンジダというカビの一種が腟内で繁殖して、炎症を起こします。体の抵抗力が落ちたときに発症しやすい感染症です。

 

症状チェック

  • 豆腐やカッテージチーズのような白いパサパサしたおりものが増える
  • 腟内や外陰部に強いかゆみがある

 

 

抗生物質の長期使用後には注意

カンジダ腟炎は、抗生物質を長期服用した後、妊娠中、体の抵抗力が落ちたとき、腟内を洗いすぎた後などに、発症します。外陰部が赤くなる「外陰カンジダ症」を併発することもあります。セックスによる感染は少ないですが、主に感染源は女性側になります。

抗真菌性の腟錠や内服薬を使って治療し、約1週間〜10日で完治します。妊娠前に完全に治療しておくのがベストですが、妊娠中でも治療は可能です。産道を通じて赤ちゃんに感染した場合、「鵞口瘡(がこうそう)」という病気になり、赤ちゃんの口の中にミルクかすのような膜ができで授乳ができなくなることもあるため、出産までの治療が必要です。

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る