カンジダ腟炎

13

カンジダ腟炎は、常在菌であるカンジダというカビの一種が腟内で繁殖して、炎症を起こします。体の抵抗力が落ちたときに発症しやすい感染症です。

 

症状チェック

  • 豆腐やカッテージチーズのような白いパサパサしたおりものが増える
  • 腟内や外陰部に強いかゆみがある

 

 

抗生物質の長期使用後には注意

カンジダ腟炎は、抗生物質を長期服用した後、妊娠中、体の抵抗力が落ちたとき、腟内を洗いすぎた後などに、発症します。外陰部が赤くなる「外陰カンジダ症」を併発することもあります。セックスによる感染は少ないですが、主に感染源は女性側になります。

抗真菌性の腟錠や内服薬を使って治療し、約1週間〜10日で完治します。妊娠前に完全に治療しておくのがベストですが、妊娠中でも治療は可能です。産道を通じて赤ちゃんに感染した場合、「鵞口瘡(がこうそう)」という病気になり、赤ちゃんの口の中にミルクかすのような膜ができで授乳ができなくなることもあるため、出産までの治療が必要です。

 

 

 

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
13

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。