性器ヘルペス

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって感染します。初回の感染では痛みが激しく日常生活も困難になるため、入院治療になることもあります。

 

症状チェック

  • 陰部に痛みのある水疱や潰瘍がある
  • 歩けないほどの痛みを感じる
  • 尿がついただけでも激痛がある

 

 

再発させないように注意しましょう

最近では、オーラルセックスによって口の中や周辺にできる口唇ヘルペスが性器に感染したり、逆に性器ヘルペスが口の中に感染する例も増えています。

初めての感染の場合は3日〜1週間ほどで水疱ができ、これがつぶれると潰瘍になります。抗ウイルス剤を内服しながら軟膏を塗って治療することで、1週間程度で症状が治まります。

一度かかると完治は難しいため、再発させないように気を付けます。特に妊娠中は体の免疫力が低下して再発しやすく、飲み薬の使用は慎重を要するため、体調管理に気を付ける必要があります。初めての発症では出産1カ月前、再発では出産1週間前までに発症した場合、産道感染を避けるために帝王切開となります。赤ちゃんに感染し、治療をおこなわなかった場合、約80%の赤ちゃんが死亡し、生存しても重い後遺症を残すことになるためです。

 

 

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る