その他、要注意の性感染症

14

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

膣トリコモナス症

トリコモナス原虫の感染によって発症します。黄緑色の臭いの強いおりものが出て性器に炎症が起こり、強いかゆみを感じます。放っておくと子宮内や卵管にまで炎症が拡がり、不妊や流産、早産の原因となることがあります。抗トリコモナス剤や膣錠を使用すると、10日〜2週間で治療できます。

 

 

尖形コンジローマ

ヒトパピローマウイルス(HPV)によって感染し、性器から肛門にかけて先の尖ったイボがたくさんできます。少々かゆみがあるくらいでほとんど症状はないため、発症に気がつかずにウイルスが拡がってしまうこともありますので、早めに治療する必要があります。95%はHPV6型、11型の感染によるものですが、子宮頸がんに関係するHPVの混合感染の可能性が多いので、子宮頸がん検診もしておく方がいいでしょう。

電気やレーザーによる外科的手術や軟膏を使った治療が行われます。産道から赤ちゃんののどに感染してイボができると、窒息の原因になることもあるので、危険性がある場合には帝王切開での出産になることもあるでしょう。

 

 

梅毒

感染後3週間ほどで性器に小さな硬いしこりができ、潰瘍になります。痛みがないために見過ごされやすく、感染後3ヶ月くらいで全身にバラの花びらのような湿疹が全身にできます。ここで治療することが多いですが、そのまま放っておくと約3年後には全身に硬いこぶのような湿疹ができ、約10年後には心臓や血管、脳にも障害が現れます。

抗生物質を10日〜1ヶ月ほど投与して完治させます。妊娠中は、胎内や産道で赤ちゃんに感染すると流産や死産になることがあるため要注意です。

 

 

HIV感染症(エイズ)

HIVウイルスの感染によって起こります。感染から1〜3週間で高熱や頭痛などインフルエンザのような症状が1〜2週間現れますが、この時点では見過ごされることが多く、その後10〜15年ほどは潜伏期として無症状のまま過ごすことが多いです。

発症すると「エイズ」と呼ばれ、肺炎や腫瘍などに侵されて衰弱していくこともあります。潜伏期に抗HIV薬等を用いて治療していけば、発症を遅らせることができます。

HIV感染症は、胎内、産道、母乳を通じて母子感染する可能性があります。胎内感染の確率は約30%、帝王切開なら10%程度と言われています(選択的帝王切開が推奨され、破水・陣痛前で妊娠37週頃が目安です)。抗ウイルス剤を使いながら予防しますが、確実に行われたものには、母子感染が成立した報告は1997年以降ありません。

 

 

(監修/天神尚子先生

 

 

2018/08/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
14

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。