妊娠安定期までの過ごし方

13

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

感染症と妊娠の関係

 

風疹だけではなく、「水ぼうそう」「はしか(麻疹)」「おたふく」「りんご病」など、子どもに多い感染症も妊娠に影響がまったくないとは言えません。家族が発病してしまったという場合、感染防止のため可能であればその期間は、実家など感染した家族と一時的に離れて生活することをおすすめします。

冬に入るとインフルエンザや風邪が流行しますが、妊婦さんは疲れやすく免疫力が落ちているため、感染しやすく、こじらせやすいということを知っておきましょう。人ごみの中には極力行かないこと、手洗いやうがいを普段以上に徹底すること、「風邪気味かな?」と思ったら、おいしいもの食べてあったかくして寝ているのが一番です。特に働いているお母さん、無理は絶対にしないでくださいね。

 

 

タバコ、アルコールの影響

タバコ、アルコールは、妊娠前から控えることが理想です。アルコールに関しては、毎晩晩酌をする習慣などは断つべきですが、たまにビールを小さいグラス1杯飲む程度なら問題はないでしょう。

 

タバコ、アルコールの影響

 

しかし、タバコは絶対に止めるべきです。タバコを吸っているから妊娠率が悪くなる、ということはないのですが、早めに止めるに越したことはありません。なぜなら、お母さんの体内にニコチンが入ることで血管が収縮し、お母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤に、酸素や栄養分がうまく届かなくなるからです。その結果、未熟児や、脳の発育が不十分になるなど、様々な悪影響を胎児に及ぼすことがはっきりわかっています。特にヘビースモーカーの方、肝に銘じてください。

コーヒーも飲み過ぎはいけませんが、一日1〜2杯程度だったら大丈夫でしょう。今はノンカフェインのものもあるので、そういうものを利用するのもいいのではないでしょうか。

 

 

妊娠期の食事

 

 

やはり刺激物はあまり良くないですね。特に塩分の強いものは避けてください。妊娠高血圧症候群の原因にもなりますので、うす味を心掛けましょう(例外として、つわりの時期はあまり気にせず食べたいものを食べて構いませんが、ずっとその食生活ではいけません)。

生肉や刺身などは極力避けたほうが無難ですね。生野菜は特に問題ないと思いますが、よく洗って食べるようにしましょう。魚については一時水銀汚染が話題になりましたが、火を通して、食べ過ぎなければ問題はありません。食事は神経質になりすぎず、バランス良く食べることを心掛けていれば大丈夫です!

 

 

不足しがちな栄養とサプリメント

市販品のサプリメントには副作用が出るほどの含有量のものは少ないため、よっぽど摂り過ぎなければ害はないので構いません。ただ、せっかく食べられるのだったら食事から摂るほうがいいと思います。

不足しがちな栄養素としては、鉄分やカルシウムが代表的です。妊娠中は心掛けて摂らないといけません。目安としては、普段の2倍くらい摂取するつもりで食べましょう。いつもの食事だけでいいやと思っていると、足りなくなってしまいます。なお、葉酸を多く含む食品は比較的鉄分やカルシウムも多く含むものが多いので、これらをバランスよく食べることで不足を補うことができると思われます。

 

 

(監修/天神 尚子先生)

 

 

2015/07/13


この記事にいいね!しよう

いいね!
13

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。