妊娠初期の体の不調、つわり

8

 

つわり

妊娠の初期症状というと、つわりを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? つわりは50〜80%の妊婦さんが経験し、初産婦さんに多いと言われています。 ただ、程度の差がかなりあります。私がよく患者さんに言うのは「食べたいものを食べたいときに」。つわりは一過性の現象ですから、妊婦さんがラクだと思われる方法で過ごして構わないと思います。

多くは妊娠6週くらいから始まり、妊娠9〜10週がピーク。妊娠12〜16週くらいでほぼおさまるという方が多いですが、やはり個人差があります。 遅くまで続く人もいれば、早めに終わる方もいて、なかにはまったくない人もいます。つわりがひどい場合でも、体重がそれほど減っていないなら大丈夫。でも、何も食べられない、水を飲んでも吐いてしまい、体重がどんどん減ってくるなどの場合は、点滴などの処置が必要です。

つわりがひどくなると、腎臓の働きが悪くなってしまって危険なので、病院へ行きましょう。そこまでひどくない場合は、気分転換が大事です。家にずっとこもってないで、外の新鮮な空気も吸ってみましょう。ただひたすら寝ているだけでは、気分も滅入ってしまいます。また、あまりおなかがすき過ぎてしまうと、つわりが悪化するので、何か一口、パンでもクッキーでも口に入れるといいですよ。食事を摂るときは、お水やお茶を食事と一緒に飲まずに、30分〜1時間してから摂るほうが良いようです。

 

妊婦さんに起こりがちな体の不調

妊娠すると、普段便秘ではない方も便秘に、もともと便秘がちならもっとひどくなります。これは、ホルモンの影響で腸の動きが緩慢になるためです。起き抜けに冷たい水や牛乳を飲んだり、ヨーグルト、ごぼう、お芋など、繊維質の食物を意識して献立に組み入れてみましょう。特につわりのときには食事をあまり摂らないため、よけい便秘になりやすいので、こうした食事が無理なら積極的に水分を摂るようにしてみてください。

妊娠初期は自律神経系が安定せず、血液の循環もあまりよくないことから、脳に行く血液が少なくなって立ちくらみを起こすこともあります。いきなり立ち上がらず、ゆっくり椅子や机につかまって立ち上がる、寝ている状態から起き上がるときには、一回横になって座ってから立つなどワンクッション置くようにしてみましょう。

 

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2015/06/29


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。