妊娠前に風疹抗体チェックをおこないましょう

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

妊娠12週(4カ月)未満でに風疹(ふうしん)にかかると、ウイルスが胎盤を通じて胎児に感染し、かなり高い確率で先天性風疹症候群(CRS)を発症する場合があります。妊娠18週(5カ月)以降は風疹に感染しても胎児に影響はないと言われていますが、妊娠中、風疹にかからないように注意してください。

 

風疹の感染を予防するためには、妊娠前の予防接種が唯一の有効な手段です。ですが、予防接種を受けていても抗体価が低かったり(抗体価が低くて感染する可能性もあるのです)、体質的に抗体がつかない人もいます。

 

ですので、妊娠前に抗体があるかどうか診てもらったほうが確実です(ブライダルチェックでも受けられます)。抗体がない場合は、妊娠前までに予防接種を受けることになりますが、注射してから2カ月間は妊娠しないように言われていますので、注意が必要です。

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る