妊娠中のエピソード

9
1人目の時にお風呂に入ってた時、いきなりボコッとお腹に衝撃がはしったので、見て見たら手の形をしているものが出てたんです!素早く触ってみたらすぐ引っ込んでしまいました(@_@;)ビックリしたけど、とってもうれしかったんですよ~
しばらく全然夢を見なかったのに、ある日突然夢を見たら、男の子をベビーカーに乗せて家族3人で散歩をしていた。ちょうどその晩ダンナも男の子の出てくる夢を見た。そして産まれた子どもはやっぱり男の子でした。
ホラー映画とかが好きなんですが、妊娠中は良くないだろうな~と思い、控えていました でも、安定期に入った頃、どうしても見たくなって見たんですが、その日の夜、ものすごい嘔吐と下痢になりました(食あたりになるような物は食べた記憶無し)。ホラー物を見て、そんな症状になったことがなかったので、すごいあせり&反省しました。
まだおなかも目立っていないころ 地下鉄車内で専用席にすわっていたら、駅員に注意された。。。妊娠初期の方がつわりでつらい時期なのに、おなかがでていないので、座ると視線が気になった。 それ以来、専用席にあまり座りたくなくなり、おなかが大きい時期にふつう席に座っていたら、おばちゃん同士が「あっち座ればいいのにねー」 と言っていて、やな気分になった…
もともと太めな上、あまりお腹が大きくならず、「太った?」なんて言われることが。その時7ヶ月だったんですけどね(笑)。またお医者さんには「痩せるくらいのつもりで体重管理して下さいねー。」と優しく言われました。それでも8キロ増でしたが。

一人目を妊娠したとき、仕事をしているのでずいぶん動いた。お腹の赤ちゃんが下がってきてるから安静に、安静にと言われ続けやっと産休に。産休に入ったらテレビを見てごろごろして・・・安静な専業主婦生活を送ったら、臨月になり「動いて、動いて」と言われてしまった。結局予定日より16日遅れの4月中旬に生まれてしまい、学年が1つ変わってしまいました。

一人目妊娠中は、初期に海外旅行へ行ったのですが、帰りに高熱をだしてしまい、胎児のことがすごく心配だった。2人目のときは、お腹が大きくなってからも上の子を抱っこしていたので、早産などが心配だった。
検診に行く時は地下鉄とバスを利用していたのですが、私は早くからお腹がすごく目立っていたので、いつも席を譲っていただいてました。それが驚いたことにオジサン、オバサン世代の人たちよりも、圧倒的に若者世代の人たちに親切にしてもらったんです!確かに外見はびっくりするような格好したり、電車の床に座り込んでる子が「おばちゃん座っとき、しんどいやろ。」「おばちゃんこけるで。ここ持っとき。」と、自然に言ってくれるのです。最近の若者は・・・・なんて言ってられません。
自宅分娩希望だったのですが、なかなか引き受けてもらえる助産婦さんがおらず、最終的に9ヶ月近くまで決まらなかったときはかなり不安になった。臨月まで仕事をしていたせいか、産休に入って家でゆったり過ごすようになってから1週間で2キロも増えて中毒症状が出て焦った。
出産1ヶ月半前くらいのときに、おなか(というか腰のあたり)が痛くて産婦人科へ行きました。超音波で赤ちゃんを見ても特に異常はないとのこと。でも夜中になればなるほど痛みはますばかり・・・。大きな病院へ移されても原因不明と言われ、そこで入院することになりました。 入院から5日くらいたったとき、すごくおなかが痛くなってトイレに行くと、尿と一緒に石が出てきました!どうやら尿路結石だったようです。赤ちゃんがいたのでレントゲンも撮ることができず、原因がわからなくてとっても大変でした。でも石が出たらすっきり痛みも治まり、無事退院することができました。とーっても痛かったので、なんだか2度出産したような気分でした。。
初めての出産は、陣痛で苦しいながらも、車で病院に向かう途中に自動販売機でジュースを買う余裕があり、病院についたら、8センチ開いてると言われた。二人目の陣痛の時は、上の子が風邪を引いていて子どもを寝かし付けて病院に行ったら、既に全開でした。服を着たまま出産しました。
初めての妊娠時、最後の検診へ行ったとき突然出産方法が帝王切開へ変わった。骨盤の狭さから出産が困難で、翌日入院へ。帝王切開という心の準備が無かったほか、その前の検診時に出血&子宮口の開きが見られていたので数日中に陣痛がくるかもと言われていた等が重なり、かなり頭は混乱しました。子どもは下のほうへ移動しているのに、陣痛がまだだった事が幸いでした。早急に体外へ出さないと胎児も危険だったので、翌日が手術日で本当について?いました。検診を受けている産院で出産出来よかったです。
体型が変わっていくことに対して、嫌悪感を感じてしまいました。街中を歩いているだけでいろいろな人に話しかけられて、それが最初はうれしかったのに、途中からすごくうんざりしてしまいました。なんでみんなそんなに話しかけてくるんだろう?いつも、予定日や何週目なのかとか、赤ちゃんの性別とか聞かれてうんざりしました。
二人目の出産方法について悩みました。上の子は逆子の為帝王切開だったのですが、二人目は普通分娩も選べると言われました。ただし、70%は大丈夫、 29%は帝王切開、1%は子宮破裂の恐れありとのこと。いろいろ考えた結果、普通分娩を選びました。出産は初産と同じだったのでいろいろありましたが、選んでよかったと今は思います。
妊娠7ヶ月のとき、三重県の四十八滝を2時間程歩いた。 山道?で、妊婦が行くところではなかったけど、なんせ滝だらけ。マイナスイオンたっぷりで、水分補給しなくても喉も渇かなかったし、返って体調がよくなった。やっぱり、散歩はマイナスイオンたっぷりの自然を歩くに限ると実感。ただし、それ以降、家の近所を散歩するのが嫌になってしまって困った。
妊婦さんだと話しかけやすいのかいろんな方から声をかけてもらったりして暖かく幸せな気分が味わえた。この時期限定と言わんばかりにわがままを言ったり(笑)毎週のように外食したり映画を見たり贅沢した。
歩くのがいいというので、郊外のデパートまで徒歩で行ってみることにしたんです。ところが歩いても歩いても着かなくて、でも今更引き返すのもシャクだしと思い数時間歩き続けたら、着く頃にはお腹が張って痛くなってしまいました。あとで旦那に聞いたら、うちからそのデパートまでは余裕で10kmはあるとのこと。知らないって怖い・・・^^; でも、そのおかげか超安産でしたよ♪
臨月の頃、トイレでしゃがんだ時にろっ骨がバキッと鳴り、痛みもあったので産院で相談したらろっ骨にヒビが入っているか神経痛かです。と言われました。それと腰痛。。予定日を1週間近く過ぎての頃に陣痛?と疑う程定期的な激痛が腰にあり、出産してからも片足を引きずらないと歩けない程の痛みが。産後すぐ接骨院経営の実兄に診てもらったところ1ヶ月半程で完治しました。

 

2015/07/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。