子宮筋腫の原因・症状・治療法と妊娠・出産に及ぼす影響について

10

 

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で、婦人科領域で最も多くみられる疾患です。30~40代の女性に多く、生殖年齢にある女性の20~30%にみられるといわれています。子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、大きくなるとさまざまな症状が現れるため、早めに診断・治療を受けることが大切です。ここでは、子宮筋腫の症状や原因、治療法などについてご紹介します。

 

 

子宮筋腫とは

子宮筋腫は、子宮の平滑筋に発生する良性の腫瘍で、女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受け大きくなる、エストロゲン依存性疾患です。

 

子宮筋腫は主に以下のように分類されます。

 

●粘膜下筋腫
筋腫が子宮内膜直下に発生し、子宮腔内に向けて大きくなるもので、最も症状が強い。発生頻度は5~10%。

 

●筋層内筋腫
筋腫が子宮筋層内に発生し、大きくなるもの。発生頻度が約70%と最も多く、多発しやすい。

 

●漿膜下筋腫
筋腫が子宮漿膜の直下に発生し、大きくなるもの。無症状のことが多いが、茎捻転を起こすと急性腹症をきたす。発生頻度は10~20%。

このほかに子宮頚部筋腫と広靱帯内筋腫(広間膜筋腫)があります。

 

 

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の約半数は無症状で経過しますが、主な症状は、過多月経、月経困難症、不妊です。子宮筋腫が増大することにより、周囲の臓器を圧迫することがあり、これによってさまざまな症状が出現することがあります。閉経後は女性ホルモンの影響が減るので、筋腫自体も小さくなり、症状も激減するといわれています。

 

●過多月経
月経時の出血量が異常に多く、レバー状の血液の塊が出ることがあります。過多月経の場合、過長月経(月経時の出血日数が8日以上にもの)を随伴することが多いです。
そのため、鉄欠乏貧血となり、めまいや立ちくらみなどの症状が現れることがあります。貧血はじょじょに進行することが多く、本人が気づかないこともあります。貧血が進行すると、心不全をきたす恐れもあります。

 

●月経困難症
月経直前または月経開始前とともに、下腹通、腰痛、おなかの張り感、悪心、頭痛などが強く認められ、日常生活に支障をきたし、治療が必要になる病的症状です。

 

●不妊
子宮筋腫が着床を妨げることがあります。妊娠後も、流早産や胎児発育不全などのリスクがあります。

 

●圧迫症状
・腰痛
・便秘
・頻尿
・排尿障害
・水腎症

 

 

子宮筋腫の診断

内診と超音波検査をおこないます。ある程度の大きさの筋腫であれば、比較的容易に診断できるといわれていますが、小さな子宮筋腫は発見が難しい場合があるようです。大きな筋腫を発見した場合や手術を検討する場合には、MRI検査をおこない、子宮筋腫がある場所や大きさをより細かく診ます。

 

また、MRI検査は子宮の悪性腫瘍である「子宮肉腫」との判別も目的としていますが、子宮筋腫と子宮肉腫の判別は難しいため、腫瘍の大きさや患者の年齢、大きくなるまでにかかった期間などを総合的に見て判断します。

 

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の治療は、過多月経による貧血の程度、症状、筋腫の大きさや位置、妊娠を希望しているかどうかによって異なります。

 

●経過観察
明らかに良性で症状がなく、妊娠の希望がない場合。ただし、3~6カ月ごとの検診が必要です。

 

●薬物療法(GnRHアゴニスト療法・偽閉経療法)
薬剤を使用し、脳下垂体の機能を抑制、卵巣からのエストロゲン産生を低下させることで、筋腫を縮小させる方法です。薬剤の副作用として、ほてり、のぼせ、抑うつ状態などの更年期様症状が出ることもあります。連続の使用期間は6ケ月と制限されており、治療を再開する場合も一定期間休薬が必要になります。

 

●手術
1)筋腫核出術
子宮筋腫のみを切除する方法で、妊娠を希望している場合におこなわれます。開腹して筋腫を核出する方法、開腹せずに筋腫を核出する方法(膣式、腹腔鏡下、子宮鏡を用いた方法)があります。現在では、内視鏡を用いた手術が主流になりつつあります。

 

2)単純子宮全摘術
子宮頚部付近で靱帯を切断し、子宮を摘出する方法です。

 

●そのほかの治療法
1)FUS(MRガイド下集束超音波療法)
子宮に集束した超音波を照射し、筋腫を熱凝固する方法です。

 

2)UAE(子宮動脈塞栓術)
子宮筋腫に栄養を届けている血管を遮断し、筋腫を壊死・縮小させて、症状の緩和をはかる方法です。

 

 

子宮筋腫が妊娠・出産に及ぼす影響

現在、晩婚化・高齢妊娠の増加に伴い、子宮筋腫を合併した妊婦さんも増加傾向にあるといいます。子宮筋腫があっても、妊娠・分娩経過にまったく影響しないケースもありますが、流早産、子宮内胎児死亡、胎児発育不全、子宮筋腫の変性による腹痛、分娩後の弛緩出血などを起こす可能性もあります。

 

子宮筋腫が妊娠・出産に及ぼす影響

・流産
・痛み
・不正出血
・切迫早産、早産
・常位胎盤早期剥離
・前置胎盤
・胎児発育不全
・胎位異常
・前期破水
・産道通過障害
・微弱陣痛
・弛緩出血
・子宮復古不全

 

子宮筋腫合併妊娠の管理について

妊娠中は、子宮筋腫の大きさの変化に注意し、痛みなどの症状がないかみていく必要があります。痛みが出現した場合、アセトアミノフェンの投与がおこなわれます。子宮筋腫の変性により、炎症所見が上昇したときは抗生剤の投与もおこなわれます。

 

自然分娩も可能ですが、子宮筋腫核出後の場合は帝王切開になります。なお、妊娠中の筋腫核出術はおこなうことができません。

 

 

まとめ

子宮筋腫は良性腫瘍で、無症状で経過することも多いため、放置してしまう方も少なくありません。また、生殖年齢にある女性に多くみられる疾患でもあるので、妊娠・出産にも影響を及ぼす可能性もあります。気になる症状がある場合は、早めに受診することをお勧めします。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

◆妊娠力診断

妊娠したい人に必要な10の栄養素を診断します。診断は3分で完了!手軽にセルフチェックできます。無料診断!

 
診断してみる

 

 

◆子宮筋腫に関するQ&A

2017/11/02


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。