基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

妊娠前・妊活コラム一覧

146件
  • 妊活中は運動したほうがいい?妊娠しやすい体づくりに効果的な運動とは

    この記事では医師監修のもと、妊活中の運動についてお話しします。妊活中は運動を避ける人も見受けられますが、妊娠しやすい体づくりをする上で血行促進を心がけることは大切です。出産に備えて十分な体力、適度な筋肉量を維持するためにも、自分のペースで適度な運動を心がけましょう。

  • 「男性不妊」とは?妊活のために男性ができること・注意したいこと

    この記事では医師監修のもと、妊活のために男性ができることについてお話しします。妊活をおこなうにあたって、妊娠できない原因は女性だけでなく、男性側にある場合もあります。無精子症などの先天的なものと、生活習慣やストレスが関係する後天的なものがありますが、後天的なものの場合は日常生活を見直すことで改善がみられることもあります。

  • 赤ちゃんの性別を産み分ける方法は?

    この記事では医師監修のもと、赤ちゃんの性別を産み分けついてお話しします。赤ちゃんの性別の産み分けは迷信めいたものが多く、確実な100%の方法はありません。親の事情や思いで自由自在にコントロールできないということは理解しておきましょう。

  • 【不妊治療の体験談】妊娠に至ったケース

    【不妊治療の体験談】不妊治療後、妊娠に至ったケースをまとめたページです。

  • 出産後は「骨粗鬆症」にも気を付けて!「妊娠後骨粗鬆症」の予防とは?

    骨粗鬆症とは、骨の密度が低下して骨折しやすくなる病気です。意外にも出産後に骨の密度が低下しやすくなり、極端な場合には骨粗鬆症がみられることもあります。骨粗鬆症について正しい知識を持っておき、適切な方法で予防しましょう。この記事では、産後の骨粗鬆症の原因や予防法などについて解説します。

  • 子宝スポットについての体験談

    子宝スポットについての体験談をまとめたページです。1ヶ月でも1日でも早くに子供を望んでいた私は、タイミング法をしていました。出張の多い旦那様の今回の出張先に子宝スポットがあるのを発見した私は旦那様に会いに行き一緒にお参りに。その時に無事に妊娠でき、無事出産後に報告にも行きました!

  • 生活習慣の見直し

    産婦人科医が、妊娠するための体づくりについてアドバイスします。今回は生活習慣についてです。

  • 妊娠前の食生活改善

    産婦人科医が妊娠するための身体づくりのためのアドバイスをします。今回は妊娠前の食生活改善について解説します。

  • 妊娠検査薬の買い方・使い方

    妊娠しているかどうか確認したいとき、病院へ行く前に妊娠検査薬を使いたいと考えている人も多いでしょう。一般的に知られるようになってきた妊娠検査薬ですが、使い方がよくわからないという人も少なくありません。ここでは、妊娠検査薬をいつ使ったらいいのか、どのように使えばいいのか、フライング検査とはどういうことを言うのか、妊娠しているかどうかの判断はどのようにするのかなどについて解説します。

  • 産み分けの体験談

    産み分けの体験談をまとめたページです。夫も私も女の子希望だったので産み分けを考えたのですが、お互い30代での第一子妊活ということもあり、排卵日の2日前を狙う&仲良しはあっさりめに、という程度に留めました。なかなか出来なければそれもやめようと思っていましたが、一周期目で妊娠、結果は見事に女の子でした!もともと夫がボクサーパンツ派で熱いお風呂が好きだったり、私がお肉大好きだったりしたので、それも関係あったかもしれません。

  • 【助産師監修】妊娠検査薬・早期妊娠検査薬はいつから陽性・陰性の反応が出る?フライング検査とは?

    【助産師監修】妊娠検査薬は使用に適したタイミングがあるため、時期が早すぎてフライング検査をしてしまった場合には結果が陰性となることもあります。今回は早期の妊娠検査について、妊娠検査薬の精度、メリット・デメリットと併せて解説します。

  • 【助産師監修】排卵日検査薬とは? 使うタイミングはいつ? 買い方や使い方、陽性になったらどうすればいい?

    【助産師監修】これから妊活を始めようと思っている方や、既に妊活中の方にとって、排卵日の特定は非常に重要です。そんなときに有効に使いたいのが、排卵日検査薬(排卵日予測検査薬 一般用黄体形成ホルモンキット)です。今回は排卵日検査薬について詳しく解説します。

  • 妊活中の仕事の体験談

    妊活中の仕事の体験談をまとめたページです。不妊治療を約三年、始めは会社の近くの病院に通院し、業務の合間に休憩をつけて通ってましたが、体外受精を4回トライするも全くダメでした。そのため、会社の在宅制度を利用し、実績のある有名な病院に転院。直属の上司以外にも、部長まで含めた5名ほどの許可がないと、在宅受けれないため、不妊治療をしていることを告白する形にはなりましたが、結果、一度の体外受精で子供を授かることができました。

  • 妊活中の食事の体験談

    妊活中の食事の体験談をまとめたページです。食事バランスガイドをもとに、料理、主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の項目に分け、毎日ノートにその日食べたものとSVを書いて、バランスのとれた食事を心がけるようにしました。毎日バランスのよい食事をとるは難しかったですが、「今日は野菜が少なかった」など数値でわかるので、翌日野菜を意識して摂るなど食事に気をつけるようになりました。産後4ヶ月経った今も続けています。

  • 【医師監修】妊娠にも影響する!? 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

    妊娠を希望しているけれど、生理不順で妊娠のタイミングをとるのが難しいと感じている人は、もしかすると多嚢胞性卵巣症候群かもしれません。あまり聞きなれない病名かもしれませんが、妊娠をすることと深い関わりがある疾患です。今回は、多嚢胞性卵巣症候群による妊娠への影響や治療法などについてお話ししていきたいと思います。

  • 【医師監修】生理が不規則、生理不順の原因は? 妊娠への影響はあるの?

    「生理の予定日を過ぎているのに始まらない」「ついこの間生理が終わったばかりなのにまた始まってしまった」「気づいたら何カ月も生理がない」など、生理に関する悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。生理の周期が不規則だと、何より健康や妊娠への影響が気になりますよね。ここでは、正常な生理とはどういったものかを踏まえたうえで、生理不順の原因とその対処法をご説明していきます。

  • 【医師監修】生理前と生理後のどちらが妊娠しやすいの?

    妊娠を望む女性にとって、重要なバロメーターとなるのが「生理」です。生理は女性の体が妊娠に適した環境になっていることを示す大切な現象です。そのメカニズムを理解するのは、妊活にとって必要不可欠なことです。そこで、今回は生理が起きる仕組みをはじめ、妊娠との関係性や妊娠しやすいタイミングなどについて紹介していきます。

  • 【医師監修】30~40代の女性に多い子宮筋腫 妊娠への影響はある?

    女性ならではの病気として子宮筋腫があります。子宮筋腫は特に30~40代の女性に多いのが特徴です。この年代の女性の場合、出産への影響を気にする人もいるでしょう。今回は、子宮筋腫は妊娠にどのような影響があるのか、治療後に妊娠はできるのかについてご紹介します。

  • 【妊活コラムvol.6】妊活でまず見直したい呼吸! 「心地いい呼吸」が女性ホルモン分泌を高めるわけ

    自分の呼吸を感じたり、確認したことはありますか? 自然過ぎて考えたことがないのではないでしょうか。実際呼吸に意識を向けてみると、意外と浅いものです。深い呼吸はおなかまで入りますが、イメージしにくいかもしれませんね。実は呼吸と身体はとても密接な関係、そしてとても大きないい作用があるんです。今回はその「呼吸」についてお伝えしますね。

  • 岡山県岡山市でおすすめの産婦人科10施設

    産院といっても、病院、クリニック、助産院とさまざまあり、各施設の特徴があります。今回は岡山県岡山市にあるおすすめの産婦人科を、施設の特徴や口コミとともにご紹介します。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。