子宮筋腫摘出手術後の出産方法は

4
妊娠・出産のQ&A

子宮筋腫摘出手術後の出産方法は

10カ月ほど前に子宮筋腫の核出手術をしています。腹腔鏡での内膜症(卵巣のう腫)手術時におこないました。
現在妊娠4カ月半ですが、出産にあたり手術した病院から地元の総合病院へ移りました。手術した病院では「子宮底部、どちらかというと表面に近い部分にあったやわらかいタイプの筋腫だった。経腟分娩でも可能」と言われていました。転院した病院では「経腟分娩(場合によっては、途中から帝王切開の対応)ができないわけじゃないが、基本的には帝王切開」と言われ、「あとは今後の状況による判断と本人の希望次第で」ということになりました。
帝王切開を勧められるのは、子宮破裂等の危険があるからでしょうか? それは、どういう形でどういう部分の筋腫手術をした場合でしょうか? 手術から1年ちょっとで出産になるのですが、手術からの期間が短いと危険度が増す、ということはありますか? 私の場合は、本当に経腟分娩可能なのでしょうか? また、子宮壁を切開したかどうかなど、もっと手術した病院に詳しく聞いておいたほうがよいことはありますか?

 

たしかに子宮破裂の危険性があるので、筋腫核出術後妊娠の分娩方法は帝王切開が原則です。
分娩方法を決めるに当たっては、手術した病院での手術記録をもらって現在の担当医に見てもらい、経腟分娩が可能かどうかの判断をしてもらうのがいちばんです。手術の傷の大きさや深さによって、可能かどうか判断が分かれるからです。
ちなみに、術後の妊娠については、手術から6カ月くらいあけてからが望ましいと言われています。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。