離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)の量の目安や食材、レシピ、進め方のポイント

 

離乳食後期の時期は生後9カ月から11カ月頃です。

この頃になると、1日3食を食べることができるようになってきますので、栄養のバランスを考えながら、歯ぐきで噛む力をつけてあげられるようにしましょう。

また、赤ちゃんは自分で食べたいという気持ちも芽生えてきますので、手づかみ食べがしやすいメニューにしてあげるのがオススメです。

 

 

離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)は鉄分もしっかり摂れる食事を心掛けましょう。

ご飯は5倍がゆを目安に炊きます。

ニンジンなどの根菜類は柔らかく茹でて、小さな角切りにします。

ほうれん草などの葉物野菜は茎付きで茹でて、粗みじん切りします。

魚は骨と皮を取り除いて、茹でてほぐします。

 

1食あたりのタンパク質の摂取量は

 

・卵は全卵2分の1個

・豆腐45グラム

・プレーンヨーグルトなどの乳製品80グラム

・魚15グラム

・肉15グラム

 

のいずれか一品になります。

タンパク質を何種類か組み合わせて使う場合は、それぞれの量を減らして調整するようにします。

肉類は、ささみ牛赤身肉薄切り肉豚赤身の薄切り肉が食べられます。

魚類は、白身魚だけでなく、アジマグロも食べることができるようになります。

 

固さの目安は、指でつまんで、少し力を入れれば潰すことができるくらいです。

赤ちゃんがしっかり噛んで食べているかを注意して見てあげるようにしましょう。

 

固すぎたり、細かすぎたりすると、噛まずに飲み込んでしまいますので、赤ちゃんの様子を見ながら、一段階前の状態の食事にしてみたり、少し固さを進めてみたりして、噛んで食べることを教えてあげるようにしていきましょう。

 

また、この時期には、赤ちゃんがママのお腹の中にいた時に貰っていた鉄分が使われて、なくなってきますので、積極的に鉄分が含まれる食材を取り入れるようにしましょう。

 

たとえば、小松ほうれん草には多く鉄分が含まれていますし、納豆きなこは鉄分以外にも食物繊維やタンパク質も一緒に摂ることができます。

 

また、苦手なママも多いかもしれませんが、レバーも鉄分やビタミンAなど、栄養が豊富に含まれています。牛乳に浸してから加熱調理すると、臭みが取れて、食べやすくなります。

 

 

離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)はどれくらいの量が食べられるの?

食べる量には個人差がありますが、だいたい1食全部合わせて赤ちゃん用茶碗1杯分くらいの量が食べられるようになってきます。

栄養の6~7割を離乳食から摂るようになってきますが、まだ母乳やミルクも大切な栄養源です。

 

食事の後は母乳やミルクを飲ませてあげるようにしましょう。

また、1日に2回だった食事を3回にしていき、少しずつ大人と同じ時間に食事ができるようにしていきましょう。

 

この時、気を付けたいのは食事の間隔を3~4時間はあけるようにすることと、夕食は20時を過ぎないようにすることです。

夕食を食べるのが遅くなると、就寝時間も遅くなってしまいますので、規則正しい生活ができるように食事時間にも注意が必要です。

 

 

離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)はどんな風に食べさせる?

離乳食後期は、赤ちゃん用の椅子に一人で座って食べさせるようにします。

テーブルは赤ちゃんがテーブルの上の食事を自分で食べることができる高さが理想です。

 

高さがある椅子の場合、安全ベルトを着け忘れないようにしてください。

大人が赤ちゃんの口に食べ物を運んであげることも必要ですが、少しずつ自分で食べることができるようにしていかなくてはいけません。ですから、赤ちゃんが自分の手でつかんで食べることができる食材も用意してあげましょう。

 

遊び食べをしてしまって、ほとんど口に入らなかったり、こぼしたり、ひっくり返したり、散らかってあちこちを汚してしまうことも多いですが、叱らないようにしましょう。

 

成長の過程で必要なことですので、床にレジャーシートや新聞紙を敷いて、後片付けがストレスにならない工夫をしましょう。

近くにハンドタオルやおしぼりを準備しておくのもオススメです。

 

 

離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)の手づかみ食べのメニュー

スプーンやフォークを使わなくても、自分の手で赤ちゃんが食べることができるメニューを毎食1品は取り入れていけると、自分で食べたいという意欲も強くなっていきます。

 

たとえば、バナナ、イチゴ、オレンジなどの果物類は固過ぎないので、この時期の手づかみ食べにはピッタリです。

 

パンは手にくっつきにくいので、フレンチトーストやホットケーキを持ちやすい形にしてあげるのも良いです。ロールサンドにすれば、パン以外の食材を一緒に食べることもできます。

 

おかずでは、魚のムニエルやお好み焼きなどをスティック状にしてお皿に乗せておくと手づかみ食べの練習になります。

野菜はほとんどのものが食べられますので、ニンジンを柔らかく茹でて持ちやすい形に切ったり、大根や芋などの根菜類を型抜きでかわいくして茹でると見た目も華やかになります。

 

 

まとめ

まだ母乳やミルクを飲む回数の方が多い時期ではありますが、多くの栄養を離乳食から摂取する時期でもあります。

栄養のバランスを考えた食事を食べさせてあげることを大切にしましょう。

 

いろいろなところから入ってくる情報に惑わされることも少なくないかもしれませんが、赤ちゃんの成長には個人差が大きく、他人と比べて悩む必要はありません。

 

いろいろな食材を使って、多くの味と出会わせてあげたいと考える方も多いでしょうが、赤ちゃんはなかなか大人の思うようには食べてくれないものです。

 

昨日までしっかり食べていた食材を、突然嫌いになって食べなくなってしまうこともありますし、たくさん食べていたのに、ある日を境に、すごく小食になってしまうこともあります。

 

そんな時は、焦らずに「今、この食材は食べたくない時期なんだ」と割り切って、その食材をしばらくお休みにしてしまいましょう。そうすると、また食べてくれるようになったりします。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

◆離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)のレシピ

→離乳食後期のレシピをもっと見る

 

 

 

 

◆関連Q&A

 

 

◆関連体験談

助産師さんから『アレルギーが怖いのであまり早く始めず5ヶ月過ぎて6ヶ月ぐらいから始めるといい』と聞いていたので、よだれも多いし食べ物に興味がでてきた5ヶ月と12日から10倍がゆを始めました。2週目からにんじんやじゃがいも、ほうれん草などを1さじからはじめて3週目には豆腐や、白身魚をはじめました。わりと好き嫌いなく食べてくれました。スプーンにも慣れ離乳食はじめて1ヶ月たった頃から2回食にしました。最近はベビーフードなどにも頼りいろんなものを食べさせてます。今のところアレルギーないようで安心してます。

たいがママ さん

うちはアレルギー家系で、花粉症や食べ物アレルギー、薬アレルギーなど様々あるので、離乳食開始は七ヶ月ごろまで粘りました。下の子は、上の子が食べているのをみるとすごく羨ましそうな顔をするので、上の子よりは早めでしたが、聞いた話によると実は下の子になるにつれアレルギー危険度は増していくらしいですね。 三歳になると腸壁がしっかりしてくるので、生ものや家族にアレルギーのある食べ物については三歳までは控えていました。離乳食の食欲については、うちは上の子の時はお気に入りのぬいぐるみを隣において競争させるように食欲を煽っていましたが、下の子は上の子がいい競争相手になって、モリモリ食べてくれています。むしろ、早食い、大食いにならないように気をつけなければ!

ぽぽ さん

離乳食は1回食からはじまり、少しずつ色々な食材を食べさせていきました。最初は10倍がゆから始めました。1週間慣れたところで、野菜を少しずつ始めていき、果物も食べさせていきました。食べてくれるととても嬉しいもので明日は何を作ろうかなと考えるのが楽しかったです。だんだん食べる量も増えていきました。口周りや洋服が汚れてしまうので、その後始末がいつも大変でした。

そばかす さん

料理があまり得意でない私は、離乳食が始まって、手作りの1回食、2回食・・・のあたりでもう限界。3回食になった時点で、3回のうち1回は市販のベビーフードを使おう!と決めたとたん、フッと気持ちが楽になりました。その1食の中で、自分では作りにくい食材(レバーなど)も取れるし、品目も多く取れるので、気分的にもとても助かりました。手を抜いて、その分、ゆっくりと子どもと向き合う時間が取れたと思います。

あっちママ さん

 

その他の関連体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/08/09


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。