9〜11カ月ごろの赤ちゃんの食べ方

2回食が定着し、散歩や睡眠の生活リズムが整ってきたら、いよいよ3回食へと進みます。母乳とミルクの回数も減り、離乳食が中心になります。

前歯でかじりとって歯ぐきでつぶせるように

舌や下あごを前後・上下・左右に動かせるように。バナナ程度の硬さのものを前歯でかじりとり、歯ぐきでかんでつぶせるようになります。しかし、かんだものを飲み込むためには、唾液と十分に混ぜなくてはなりません。繊維質のものやパサついた食材は、とろみづけをして、食べやすくしてください。

姿勢は手づかみしやすいようやや前傾に

手づかみ食べがしやすい、やや前傾した姿勢がとれるようにイスを調整します。足は床か足置きに足の裏が完全につくようにし、安定させます。

食べることへの興味も増し、手づかみ食べがはじまる

手づかみ食べは目で見たものを手でつかみ、硬さ・感触・温度などを感じ、前歯でかじりとることで咀しゃくを促します。さまざまな食品を手づかみ食べすることで、その食品に合った自分なりのひと口量、かむ力の加減などを身につけていきます。ときに詰め込みすぎてしまうこともありますので、のどに詰まらせないよう、大人が見守ることが大切です。

好き嫌いが出てくる時期

味ではなく食べにくくて嫌がることも。硬さや形状を見直したり、焼く・煮る・蒸すなど調理方法を工夫してください。赤ちゃんもその日の気分で食べたいもの、食べたくないものがあります。食べない食材も、日をおいて出すと食べることもあります。

 

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。