9〜11カ月ごろの離乳食の不安Q&A

離乳食の回数が増えるとともに、ママのお悩みもどんどん出てくる頃。ここでは、この時期に多いお悩みにこたえます。

離乳食の回数が増えてくると、栄養バランスや献立に頭を悩ませることも。

Q 魚や肉をあげると口から出してしまいます

A とろみをつけたり、おかゆや野菜に混ぜたりしてみましょう

たんばく質素材は、穀類や野菜に比べて水分が少なく、加熱するとかたくなります。魚は煮魚やムニエルにすると食べやすくなります。肉はとり肉を中心にして、豚肉や牛肉はひき肉を使うのがおすすめ。水溶きかたくり粉でとろみをつけたり、おかゆやじゃがいもに混ぜたりしてみましょう。

Q 栄養バランスのいい献立作りに悩みます

A 主食にたんぱく質と野菜のおかずを添えるとバランスのいい献立に

まず、ごはん、パン、めん類などのどれ か1つを主食にします。主菜として、肉類、魚類、大豆製品類、卵類から1品。副菜は野菜、いも類、海藻類を使って考えます。食べや すい果物を添えてもいいですね。そろそろ大人の食事からの取り分けもできるのでいっしょに作ってもいいでしょう。

Q 3回食になっても授乳の回数が減りません

A 外に遊びに行くなど授乳の回数を減らすような時間づくりを

授乳は1日何回ぐらいでしょうか。3回の離乳食をそれなりに食べているなら心配しなくてもかまいませんが、この時期の授乳は、食事のときとそれ以外に2回くらいで足りると思います。外に遊びに行く時間をつくり、日中はおっぱい・ミルクに執着しない環境をつくりましょう。

Q 食べることに集中できず遊びながら食べます

A 遊び食べは大事ですが食べさせる環境もチェックしましょう

このころの赤ちゃんは、ふつう最初の10分〜15分は集中して食べるもの。最初から集中しない場合は、おなかがすいていない、テーブルやいすの高さが合わない、テレビがつけっぱなしなどの原因があります。食べることに興味を持つように、大人も同じものを食べて、興味が向く言葉をかけて。

Q 食べたものが便に そのまま出てきてびっくり。 与えるのが早すぎ?

A 不溶性の食物繊維はそのまま出てきます

赤ちゃんの消化機能は未熟なので、食べたものの色や素材が、便にそのまま出てくることがあります。また、グリンピース、トマト、とうもろこし、枝豆などの皮、わかめやひじきなどの海藻類、きのこ類、こんにゃく類は不溶性の食物繊維。大人でもそのまま出てくるので、心配いりません。

Q 野菜がきらいみたいで細かくして混ぜても出してしまいます

A やわらかくしたり、とろみをつけたりして食べやすく工夫しましょう

細かく刻んで混ぜ込むだけではなく、適度な食感にすることが大切です。バナナぐらいのかたさを目安にして、食べやすいやわらかさに調理したものを与えましょう。だしや味を加え、かたくり粉でとろみをつけるなどで、赤ちゃんが食べやすいように工夫してください。


出典:大人気! クックパッドの離乳食(学研パブリッシング)より

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。