フォローアップミルクとは?その必要性と与える時期

 

赤ちゃん用の粉ミルクには、フォローアップミルクと呼ばれるものがあります。普通の粉ミルクとは少し用途が異なるフォローアップミルク。

そもそもフォローアップミルクとは何なのか?普通の粉ミルクとの違いや必要性、いつからいつまで与えるものなのかなどをご紹介します。

 

 

フォローアップミルクとは?

離乳食が始まる前の赤ちゃんは、母乳や粉ミルクから必要となるすべての栄養を摂取しますが、離乳食が始まると、離乳食からも必要とする栄養を摂取することができるようになってきます。

 

離乳食初期や中期では、まだ大半の栄養を母乳や粉ミルクから得なくてはいけませんが、離乳食が3回食に進んでくると、ほとんどの栄養素が離乳食から摂取可能です。とはいえ、離乳食だけではやはり不足しがちな栄養素が出てきます。

フォローアップミルクは、離乳食期から幼児期の栄養を補うことを目的に開発された粉ミルクです。

 

 

 

フォローアップミルクと乳児用調製粉乳(粉ミルク)との違い

 

フォローアップミルクは、新生児期から赤ちゃんに飲ませる乳児用調製粉乳と違い、成分的には乳児用調製粉乳よりも牛乳に近く、牛乳よりも鉄分を豊富に含み、たんぱく質が多過ぎて腎臓に負担をかけるといったことがないよう調整されています。

また、栄養所要量に合わせて脂肪の量も少ないことが特徴でもあります。

 

フォローアップミルクは、乳児用調製粉乳とされておらず、一般の粉ミルクに添加が許可されている亜鉛塩類、銅塩類が添加されていません。

WHOでも、フォローアップミルクは「食品」と位置付けられています。

また、フォローアップミルクより粉ミルクの方が加工過程が複雑になるため、その分、価格が高くなっています。

 

 

 

フォローアップミルクはいつからいつまで与える?

フォローアップミルクの缶の説明書きには、対象年齢は生後約9カ月から3歳ぐらいまでと書かれているのがほとんどです。

フォローアップミルクはあくまでも、必要な栄養摂取のための補助的な飲みものなので、離乳食がしっかりと食べることができるようになってから与えましょう。

 

目安としては、離乳食が3回食になり、ちゃんと食べることができるようになってからです。3回食になっても、少量しか離乳食は食べていないというような状態であれば、母乳や普通の粉ミルクを与えるほうがいいでしょう。

 

フォローアップミルクをいつまで与えるかですが、3歳まで与えなくてはいけないというわけではありません。

好き嫌いもあまりなく、いろいろな食材を満遍なく食べることができるようになって、十分な栄養を食事だけで摂取することができるようになっていれば、フォローアップミルクを与える必要はなくなります。

フォローアップミルクをやめる時期は、その子の食事の進み具合によると考えましょう。

 

 

フォローアップミルクは絶対に必要なの?

これまで述べたように、フォローアップミルクは、離乳食期から幼児期の栄養を補うことを目的に開発された粉ミルクです。

鉄分の多いお肉や赤身の魚、レバーなども食べ、栄養バランスの良い離乳食をしっかりと食べているようであれば、フォローアップミルクは必要ありません。

WHOも1989年の世界保健総会で、「フォローアップミルクは不必要である」と決議しています。

また、離乳食が進んできているときに、フォローアップミルクが乳幼児の栄養の多くを占めてしまうと、離乳食が進まなかったり、時期に見合った咀嚼の発達が阻害される可能性があるとも言われています。

フォローアップミルクは、赤ちゃんが生後9カ月を過ぎたら飲ませなければいけないものと思っている人も多いかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。

 

 

まとめ

フォローアップミルクは、必ずしも赤ちゃんに与えなければならないものでありません。しかし、離乳食が思うように進まず、赤ちゃんの栄養が気になる人もいるかもしれません。

そのようなときに、うまくフォローアップミルクを使用して、赤ちゃんの栄養を補えるといいですね。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

◆母乳育児に関するQ&A

 

 

◆授乳の体験談

 一番最初の授乳は出産直後に助産師さんが吸わせてくれました(^^) 小さくて必死な姿が本当に可愛かったです!それからは母子同室で吸わせかたがわからず助産師さんに何度も手伝ってもらい授乳しましたが体重を測ると2グラムしか増えておらず、ミルクを足すよう指導され夜中泣きました。それからは軌道に乗って完母でトラブルなく過ごせてます!助産師さんと頑張って吸ってくれたかわいい息子にに感謝です!

たいがママ さん

 現在2人目授乳中です。正直、上の子の初授乳は覚えていません。そして今回は生まれてまもなく、分娩台の上での初授乳でした。それまでずっと自分の指をチュパチュパ吸っていたので、助産師さん(看護婦さんだったかな?)にお願いして吸わせてみました。誰からも教わってないはずなのに夢中でおっぱいを吸う我が子に妙に感心したのを覚えています。

きょん×2 さん

 1人目の最初の授乳からだいぶ経つのですが、感激した感覚をまだ覚えています。私自身も可能であれば母乳で育てたいと思っていたので、病院選びの際に母乳育児に力を入れているということもポイントの1つとしていました。
 私は産後入院中はずっとろくに出なくて、赤ちゃんも自分も授乳に慣れていないで格好も定まらず、明らかに懲りそうな不自然な格好で授乳していました。産後の疲れた体でヘトヘトでしたが、乳首を吸わせる刺激で出るようになるということで、入院中にスパルタ教育をしてもらいました。
 産まれる前の授乳への意気込みが強かったためこのままずっと出なかったらどうしようと不安にも思いましたが、幸い、大きさの割にf^_^;)よく出るようになってよかったです。看護師さんが言っていた通り、「最初に出なくても大丈夫!ある日突然出るようになることもあるから、最初から出なくても諦めないで!でも、どうしても出なかったらミルクでいいんだよ!」

ぽぽ さん

 

 

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

 

2017/06/19


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。