自分で食べる! 赤ちゃんがスプーンを使い始める時期とポイント

この記事では、離乳食インストラクターの中田 馨さんが子どものスプーンの練習についてお伝えします。スプーンを使い始めるのはだいたい1歳前後。スプーンの練習は、ママが手を添えてスプーンを使う練習をする、ママがすくって赤ちゃんが自分で食べるようにする、自分で使えるようにするの3ステップで進めましょう。

スプーン

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田 馨です。離乳食が進んで、手づかみ食べが始まったその次に、赤ちゃんはスプーンを使うようになります。今日はスプーンを使い始めるタイミングやどういう使い方をすればいいかをお話ししますね。

 

スプーンを使い始める時期は?

赤ちゃんがスプーンを使い始めるのにおすすめなのは1歳前後です。ママが持っているスプーンに興味を持って、手を伸ばす赤ちゃんもいるでしょう。赤ちゃんがスプーンに興味を持ち始めたときが、スプーンの始めどきですよ。

 

スプーンの進め方3つのポイント

スプーンを赤ちゃんに渡しても、すぐに自分で使えるようにはなりません。ほとんどの赤ちゃんが握りしめてお口に入れて舐めたり、スプーンで机や器を叩いたりするのではないでしょうか? 最初はそれでOKです。スプーンを持てた喜びを味あわせてあげましょう。

 

最初はスプーンの使い方を知らない赤ちゃんですが、自分でスプーンを使えるようになるまでのポイントを3つに分けて紹介します。

 

1. まずはママが手を添えて

最初はママが赤ちゃんの手を持って一緒にスプーンを握り、口まで誘導します。最初はスプーンにすくった離乳食を口にうまく取り込むことができないこともありますが、それも徐々に取り込めるようになりますので心配しなくて大丈夫です。

 

2. ママがすくって赤ちゃんが口に入れる

自分でスプーンを口に運ぶことができるようになったら、離乳食をすくうのはママが手伝って、口に運ぶのは赤ちゃんというように役割分担をしましょう。

 

3. 赤ちゃんが自分で食べる

1・2の手順を踏むと、赤ちゃんは徐々に自分で食べられるようになってきます。スプーンと手づかみ食べと混合になっても大丈夫ですよ。

 

 

最初、スプーンの持ち方が大人と違うため気になるかもしれません。離乳食期の赤ちゃんはスプーンを上から握ります。これはほとんどの赤ちゃんが通る道です。2歳前後で大人と同じように握れるようになります。また、底の深い器を準備すると、スプーンですくいやすいですよ。赤ちゃんが疲れたときは、ママがお手伝いしながら無理せずスプーンの練習を進めてくださいね!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    保育士中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長

    0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    食・レシピの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶