「この親不孝者!」結婚相手くらい自分で選ばせてよ!私が反抗すると母は激怒し…!?

昔から気の強い姉に対し、妹の私は大人しい性格。幼いころから母は私に「あなたはずっとお母さんのそばにいてね」と言い聞かせていたこともあり、大人になっても私は母の言いなりでした。そして、母の言いつけで婿を探すためにお見合いをすることになったのですが……。

「この親不孝者!」結婚相手くらい自分で選ばせてよ!私が反抗すると母は激怒し…!?

 

「この親不孝者!」結婚相手くらい自分で選ばせてよ!私が反抗すると母は激怒し…!?

 

続きを読む

小さいころから母の言いなりだった私

私が24、5歳になったころ。結婚適齢期となり、母が見合い話を持ってくるようになりました。実家は私の父で7代目。後継ぎが欲しいと考えた母は、すでに結婚し家を出ていた姉の代わりに、私に婿を取れというのです。

 

婿が欲しいのとは別に、母は私にも実家を出て欲しくないようでした。母は、私が小さいころから「あなたはずっとお母さんのそばにいてね」と言い聞かせてきました。それもあってか、私は大人になってもまだ母の言いなりでした。

 

そんなふうに、昔からおとなしい性格で母に従順だった私は、「まあ今付き合っている人もいないしいいか」と、母の言いつけに従ってお見合いに参加することに。

 

お見合いをすることに。結果は…

その後、母が選んだ男性10人以上と会いましたが、結果は失敗。私が断ったものもあれば、相手に断られたものもあります。おしゃれはしていたし、気の効いた会話を心がけ、少食なフリもして、私なりに頑張ったつもりでした。でも今思えば、親に言われてなんとなくお見合いをしているという誠意のなさが、少なからず相手に伝わっていたのだろうと思います。

 

最後に、「この人なら結婚してもいいかも!」と思う人と出会いました。趣味が合って会話も弾む、顔も私好み! 数回会って「まあ、この人で手を打つか……」と、母にゴーサインを報告しました。

 

しかし、先方からあっさり断られてしまいました。ウマが合うと思っていたのはどうやら、私のほうだけだったようです。とんだ勘違いに、冷や汗が止まらない思いでした。なんだか疲れてしまい、しばらくお見合いからは遠ざかることに。

 

はじめて母に反抗

そのあと、友人に紹介された男性と交際を開始しました。それが今の夫です。「今度会ったら、この話をしよう」などと、感動や楽しさを共有したいと思ったのは、この人が初めてだったかもしれません。

 

もうお見合いは今後一切断り、彼と結婚して実家を出ようと決めました。「ずっとそばにいてね」とプレッシャーをかける母、母が理想とする婿探し、老後まで続く実家暮らし。どれも想像すると息が詰まり、今後も母の言いなりになって生きていたら、自分は幸せになれないと思ったのです。

 

「実家を出て、彼とイチから家庭を作りたいと思います」私がそう告げると、母は激怒しました。「親不孝者!」「婿は!?」と詰め寄る母。でも、彼と一緒になりたい、2人で新しい家庭を作りたい、という気持ちが強く、私は人生で初めて母に反抗し、意思を通しました。

 

 

その後、彼と入籍して実家を出ました。「母が気に入るかどうか」というフィルターを通さず、ごくシンプルに、お互いを幸せにしたいと思えるか、という基準で彼を選んだことに、まったく後悔はありません。

 

私の母は、「親が選んだ相手ならこどもは幸せになれる」「親のほうが経験値があるからね!」と自信満々でした。いつの時代も、親世代と子ども世代では結婚観も違いますし、意見が対立してしまうことは仕方がないのかなと思います。

 

でも、私は母との対立を経て、自分の人生を自分で選ばないのが、一番の後悔となるとわかりました。私が母の立場になったときには、子どもの幸せを第一に考え、子どもの意思を尊重したいと思っています。

 

文/水野亜美さん
作画/霜月いく

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター霜月いく

    マンガとイラストを描いてます。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP