「どうせ私なんて」生理前になると私は… #PMSがひどいので病院に行ってきました 1

【PMSがひどいので病院に行ってきました 第1話】毎月、生理が近づくとPMS(月経前症候群)に悩まされるまゆさん。体の不調はもちろん、気分がドン底にまで落ち込むことも。あまりのつらさに限界を感じ、病院に行ったときの実体験を描いたマンガです。全8話完結。

私の場合、生理不順や生理周期が長いこともあり、PMS(月経前症候群)の症状が出る期間も長く、受診するまでは不調にかなり悩まされていました。生理前になると、イライラするのはもちろん、気分が落ち込んだり、頭痛、下痢、眠気など、さまざまな症状に襲われます。

 

 

そして私はついに、「もう耐えられない」と限界を感じて病院に行くことに。私と同じようにPMSで悩んでいる方や、自分はPMSかもしれないと疑っている方の参考になればと思います!

 

続きを読む

PMSがひどいので病院に行ってきました 第1話

本編に入る前に、まずはプロローグから。生理前、PMSの症状に襲われているときの私の脳内では、こんな会話がおこなわれています!

「どうせ私なんて」生理前になると私は… #PMSがひどいので病院に行ってきました 1

 

「どうせ私なんて」生理前になると私は… #PMSがひどいので病院に行ってきました 1

「どうせ私なんて」生理前になると私は… #PMSがひどいので病院に行ってきました 1

 

「もう妊娠はあきらめよう」葛藤の末、私が下した決断は… #卵巣ボーダーライン 23

実際、PMSのときの私の脳内はこんな感じです! 私の場合はPMSの期間が長いこともあって、2週間くらいずーっと落ち込んでいると、「これはホルモンのせいで落ち込んでいるんだ」ということを忘れて、「私はもうダメだ……」と、落ちるところまで落ちてしまうんですよね。

 

そういうときは、頭の中にもうひとりの自分を登場させて、「これはホルモンのせいだから自分を責めるのはやめなさい!」と、自分で自分を励ましています。ちなみに、私のPMSの症状は気分が落ち込む以外だと、イライラ・眠気・ぼーっとする・頭痛・肩こりなどが多いです。

 

以前から、婦人科で相談しようとは思っていたのですが、ズボラな性格もあって基礎体温を毎日つけるのが続かず、なかなか病院に行けないまま……。そして、ある日私は限界を迎えてしまいます。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

 


まゆさんのマンガは、 このほかにもInstagramやブログで更新されています。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまゆ

    やんちゃ兄弟を見守るテキトーズボラ母です。ズボラなりに日々の出来事を漫画とかイラストにしてます。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP