やる気がなく自己否定の毎日…そんな心のモヤモヤがスッキリできたのは

生理前の不調が40代半ばになり悪化。やる気が出ず、すぐ疲れてしまう毎日のなかで、生きていることすらつらくなった女性を救ったのは? なんだか疲れたな……。そう感じている女性に読んでほしい体験談です。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

自己否定しているイメージ

 

45歳を過ぎてからは、特に生理前から生理期間中の10日から2週間ほど、頭痛や吐き気を伴って、朝からまったくやる気が出ないという状態に陥りました。何も手に付かず、気力を振り絞って家事をしても疲れ果ててしまいます。仕事をこなすのが精いっぱいで家事がたまり、部屋は荒れ、自分はダメな人間だと責める……。完全に悪循環です。なんとか心だけでも持ち直したいと思っていたとき、心の掃除方法としてあるものを見つけました。

 

続きを読む

冷蔵庫の食材がどんどん腐っていく日々

冷蔵庫の野菜のイメージ

 

若いころから生理前や生理期間中は気分が落ち込んだりイライラしたりと精神的に不安定で、とにかく眠くなりがちでした。45歳を過ぎてからはさらに、朝目覚めるときに吐き気と軽い頭痛を感じるようになり、日中も片頭痛が起こるように。

 

まったくやる気が起きないのに、気力を振り絞って仕事や家事をすると疲労困憊(こんぱい)してしまいます。子どもの弁当を作り、送り出してから頭痛薬を飲んで横になったり、在宅ワークの合間に30分だけ横になったりして、ひたすら眠っていました。片付けも掃除もできないので部屋はどんどん荒れていき、夕食を作る気力もないので外食やテイクアウトが増え、冷蔵庫の食材がどんどん腐っていきます。

 

生理終了後の1週間は気力が蘇るので、その期間に冷蔵庫の整理をするのですが、消費期限切れでパックに入ったままの食材を捨てるとき、「自分はダメな人間だ」と自己嫌悪……。そんなことを生理のたびに繰り返していたら、47歳の今では生理前から生理期間以外でもまったく何もやる気が起きない日が増えました。そして、できない自分を責めて毎日自己否定をしていたら、しまいには生きていることがつらくなってきてしまいました。

心を整えるために見つけたモーニングページ

スマホを見ているイメージ

 

ふとしたときに「私なんて死ねばいいのに」とぽろっと口から出た言葉に、このままではいけないと思いました。そして体調不良は自分ではコントロールできないにしても、心の持ちようはセルフコントロールできるはずと思い至りました。まずはできない自分を責めず、できたことを認める方向で自分をいたわり自分にやさしくしようと考えました。

 

そんなとき、5人で励まし合いながら新しい習慣作りを目指すというスマホアプリの「みんちゃれ」で、「モーニングページ」のチームがメンバーを募集しているのを見たのです。「意識の流れをありのままにつづった脳の排水」というキャッチフレーズに惹かれた私は、チームに入ってみることにしました。

 

モーニングページとは、チームのオーナーの説明によるとジュリア・キャメロンさんの著書『ずっとやりたかったことを、やりなさい』で提案している創造性を回復するためのワークなのだそうです。毎朝寝起きにノート3ページ分、思い付いたことを書くのですが、書く内容が倫理的な意識に支配されないように寝起きにします。それだけで人生が変わるくらいマインドや行動に変化をもたらすとのことでした。

 

モーニングページで心のモヤモヤを吐き出す

スマホを見ているイメージ

モーニングページを書くのに、私は最初30分かかりました。朝は子どもの弁当も作らないといけないし、朝食の準備もあるし、洗濯もしたいし、夜よりも頭も体もまだましに動く朝のうちにいろいろ家事を済ませたいのに、ページがなかなか埋まりません。起きてすぐなので、頭もぼんやりしているし、何を書いたら良いのかさっぱり浮かびませんでした。

 

そこで、そんなときは「何を書けば良いのか全然浮かばない。ページも埋まらない。困った」など、そのままの気持ちを書くようにしました。書き終わると3ページ書いた達成感も相まってなんだか心がスッキリ。「しばらく続けてみよう」と思い、モーニングページを書くために毎朝30分早起きして、みんちゃれのチームに書き終えたノートの表紙を投稿しました。メンバーからの「いいね! 」スタンプに励まされて、モーニングページを書くことが徐々に習慣化。そして14日も過ぎると、自分の考えが浮かんでくるようになり、モヤモヤしていた心も頭もスッキリと整理されてきたように感じました。

 

まとめ

モーニングページを始めて1カ月たった今は、20分で書けるようになりました。書くことに困っていたのが、昨日の嫌なできごとに関しての今の気持ちだったり、仕事に関してのモヤモヤだったり、心の状態をノートに素直に書けるようになってきました。誰に見せるものでもないので、汚い言葉も、ふと浮かんだTODOも、アイデアも、全部書きます。

 

思いつくままにひたすら書くことで、頭と心が朝からスッキリし、「よし、やろう! 」と気力が湧くのを感じています。気が付くと、「私なんて」という言葉を口にする頻度が少なくなっていました。モーニングページを続けることで、これからも自分の頭と心を整えていきたいです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:しばこ

主婦ライター。更年期で不眠気味。毎日が不調。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP