「まただ!」大雑把な夫。注意しても直らないことにイライラが募り…!

結婚当初は食器洗いを夫に任せていましたが、もともと不器用で細かいことを気にしない彼は食器に洗い残しが出ることが少なくありません。初めは気付く度に私が洗い直していましたが、それも続けばイライラが募り、口論となって……。

 

続きを読む

もともと不器用な夫

私の夫はもともと不器用で、DIYなどに挑戦しても釘を斜めに打って飛び出させたりと細かいものをきれいにつくることができません。また掃除をおこなう場合は、隅にあるほこりの掃除ができてないなど、大雑把で細かい部分を気にしない性格です。

 

ただ、私も掃除が面倒で、大雑把なところがあり、ほこりの取り残しなどがあってもあまり気にしないタイプ。夫とは似たような性格であるため、結婚前は「特に問題は起きないだろう」と感じていました。

 

洗い残しが多すぎる食器洗い

結婚して同居を始めるにあたり、料理・洗濯は私、風呂掃除・食器洗いは夫など項目ごとに家事を分担することにしました。結婚当初はその分担でうまく回っていましたが、次第に私が食器を片付ける際や料理をする際に、食器や調理器具に付着している洗い残しを見つけるように。

 

私は、部屋の掃除については、多少残っている部分があっても特に気になりませんが、食器に残る洗い残しは、衛生的に考えて良くないし、気になります。そのため、洗い残しについてはスルーせず、見つけるたびに、私が洗い直していました。

 

いつまで経ってもきれいに洗えない夫

ただ、この洗い残しが頻回に起こるため、だんだんとその度に洗い直すのが面倒に。そこで、洗い残しが多いことについて夫に伝えたところ「じゃあ、気を付けて洗うよ」と言ってくれました。

 

しかし……いつまで経っても洗い残しが減ることはなく、私はだんだんとイライラしてくるように。最終的には夫と口論になってしまいました。夫曰く、以前よりはちゃんと注意して洗っているとのことだったので、やはり生来の不器用さや大雑把さでどうしても洗い残しが出てしまうようでした。

 

そこで私たちは話し合い、食器洗いの担当を夫から私に変更。代わりに夫には私が担当していた料理の一部を任せることで、洗い残しの問題を解消しました。

 

 

現在は洗い物のほとんどを私が担当しており、夫は私がどうしても忙しくて洗い物ができないときにだけお願いするようにしています。そうすることで洗い残しが出たとしても一時的なものであり、私の代わりにやってもらった結果であるため、私もイライラすることもなく、家事をうまく回せるようになりました。

 

また人には得意不得意があり、適材適所で回すことが重要であることを再確認した出来事でもありました。

 

著者/百田

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP