記事サムネイル画像

「自分の体が気持ち悪い」子どもながらにそう感じた理由は… #初潮がきた日 2

【初潮がきた日 第2話】全2話完結。あれは、忘れもしない小5の夏休み。幼馴染の友人と花火をして遊んだ日、家に帰ってから私の体に不思議なことが起こった。それは、初潮。知識としては知っていたものの、実際にそれを体験すると、なぜか自分の体が今までとは変わってしまった気がしてーー。

 

初潮がきた日 第2話

「自分の体が気持ち悪い」子どもながらにそう感じた理由は… #初潮がきた日 2

 

「自分の体が気持ち悪い」子どもながらにそう感じた理由は… #初潮がきた日 2

あの日のことは今でも鮮明に覚えている。クーラーをつけているにも関わらず、蒸し暑い真夏日で麦茶に入れた氷はすぐに溶け、外ではセミがけたたましく鳴いている。私の体は昨日までとどこか変わってしまった。

 

私は変わっていく自分を受け入れたのではなく、あきらめた。大人になる過程で、きっと誰もが通る道だから。うちの母のように、世の中の大人は初潮をよろこばしいことだというけれど、私にとっては望んでもいないことで、なにもうれしくなかった。

 

ちなみにそのあと母が赤飯を炊いたことで、家族みんなに初潮が知れ渡り、恥ずかしくて母にブチギレた。小5の夏休み、初潮がきた日の話。

 

監修/助産師REIKO

 


ざく ざくろさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターざく ざくろ

    滋賀在住、37歳の主婦兼マンガ家。 子供はいません。 発達障害(ADHDとアスペルガー)があります。 エッセイや創作マンガを描いています。 2022年4月13日に、知的障害の女の子の恋の話「初恋、ざらり」がカドカワから発売されます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →