「どんどん生理が重くなる」30代で生理が変わった!心配で受診すると…

私は学生時代から生理痛が重いタイプではなく、痛みがあっても少し休めばラクになる程度。それが、あるころからひどい生理痛が続くようになりました。過去に病気をしていたのでそのせいもあるのかも……と思い、病院を回ってみることに……。

「手術の影響?」「婦人科の病気?」生理痛が重くなり不安に。受診すると…

 

続きを読む

生理痛がひどくなったのは、病気をしたから!?

私は学生時代、ほとんど生理痛を感じたことがなく、痛み止めを飲むこともありませんでした。生理痛があっても少し休めばラクになる程度の痛み。

 

そんななか、私は30代前半のときに肺がんが見つかり手術をしました。10日間ほどの入院で、その後は通院をしながら自宅療養を続けていました。

 

その半年後くらいからです。生理になるたびにおなかがとても痛くなってきて、痛み止めを飲まないと動けないほどになってきました。「あれ? こんなに生理痛ひどくなかったのにな……」と思いながら、痛み止めを飲み、寝ていることが多くなったのです。

 

ひどい生理痛が続くようになったため、もしかして手術したことが何か影響しているのかな?と思い、検診の際に先生に聞いてみることにしました。すると先生からは、「それは関係ないと思う」と言われ、「他の病気だったらどうしよう」と不安を覚えるように。

 

婦人科を受診した結果

手術したことと関係ないとなると、子宮に何か問題があるのではないかと不安になり……。自分で痛みの原因を調べても不安になるばかりだったので、勇気を出して婦人科を受診しました。

 

診断の結果は異常なし! 何もなくてよかったと安心したのと同時に、生理痛がひどくてつらいと先生に相談すると、低用量ピルをすすめてくれました。名前は知っていましたが、ピルが生理痛にも効果があるということは知らなかったので、少しでもラクになるならと試してみることにしました。

 

これで生理痛がラクになる!とうれしく思っていましたが、飲み始めて少し経ったころ、体のだるさを感じるように。仕事中もなんかだるいなと感じる日が続くことも……。

 

ピルを飲み始めて

ピルを飲み始めてから1カ月ほど経ったころ、1日中体がだるいと感じる日が増えてきました。仕事は立ち仕事だったため、ずっと立っているのがしんどく、もしかしたらピルの影響かも?と、すぐに病院に行って事情を説明し、違うピルに変えてもらうことに。ただ、変えてもらったピルでも症状はほとんど同じで、結局ピルをやめることになりました。

 

そして先生と相談し、処方してもらったのは生理痛がひどいときに飲む痛み止めのみ。また、先生からおなかを冷やさないようにというアドバイスをもらいました。

 

 

ピルは断念しましたが、病院で診てもらい、異常がなかったことで、とても安心できました。以降は生理痛が少しでもラクになるように、とても体に気を使うように。冷やさないことを一番に、生理痛がひどいときはゆっくり休んで、体を労わる時間にしています。これらを意識し現在は生理痛が落ち着くようになりましたが、また何か体に異常を感じることがあれば、病院を受診して先生に状況を相談したいと思います。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者/澤井 しのぶ
監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP