「はいはい、PMSだから、でしょ?」生理を理解してる感を出す彼にイラァ!

私は生理痛や生理不順などは基本的にありません。経血量がかなり多いのを除けば、比較的生理との付き合いはラクなほうだと思います。そんな私ですが、やはりPMS(月経前症候群)で精神的に少し不安定になってしまう時期があるのを自分でも感じます。そんなPMS期について彼(現在の夫)と喧嘩になったことがあります。

 

続きを読む

私とPMSの付き合い

PMSは生理の3~10日前くらいに起きる精神的あるいは身体的症状で、生理開始とともに軽快ないし消失するものと言われています。私の場合は、体的につらいことは特になく、精神的な不調が起こりがち。集中力が落ちて注意力散漫になったり、普段なら笑って流せる冗談も気になってしまったり、悲しくなってしまったりします。

 

自分自身がPMSがあるとわかっているので、生理前は余裕のあるスケジュールを心がけたり、人と会う予定をあまり入れないようにしたりして、PMSと付き合うようにしています。

 

なんでもかんでもPMSのせい

彼(現在の夫)はそんな私のPMSの症状を知ってからは、生理前にはゆっくり家で過ごせるようにするなど、それなりに気を使ってくれるように。ただ、それと同時に、私が彼に対して注意したり怒ったりしても「今、PMSだからイライラしてるんだね」と、聞く耳をもってくれなくなりました。

 

例えば脱ぎっぱなしの服を片づけるよう注意すると「PMSだから細かいことが気になるんだね。あとでやっとくよ」など、私の注意や怒りをすべてPMSのせいにするようになったのです。

 

PMSを言い訳にするな! 彼と話し合いに

確かに、PMS期は精神的に不安定になりがちなのは自分でもわかっています。しかし、脱いだ服を片付けることなど、PMS中かどうかに関係なく注意するものまで「PMSのせい」にされてしまうことにイライラ。

 

彼に対し普段から注意していることまでPMSのせいにされると嫌なこと、PMS期で精神が不安定になっているからこそ、その言い訳がとても腹が立つことを伝えました。

 

最初こそ言い訳がましかった彼ですが、一言一句同じ注意をPMSではないときにもしていることを思い出させ、PMSを逃げの言い訳にしないことを約束。最終的にはしっかり反省して謝ってくれました。

 

 

このとき以来、彼は「PMSだから……」という文言を使わなくなりました。PMSについては、自分自身がじょうずに付き合うことはもちろん大切ですが、家族もPMSの症状を理解してもらえるとさらに快適にすごせるようになると思います。

 

PMSだからという彼の言い訳はとてもイライラするものでしたが、話し合うキッカケになったのは結果としてよかったと思っています。

 

著者/レイトン愛加
イラスト/マメ美
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP