「私、多分この人と結婚する…!」不思議な直感を信じ、紹介された男性に会ってみると…

私が30歳のとき、妹に子どもができました。今まで結婚願望はまったくなかったのですが、姪っ子を見るたびに癒され、次第に結婚願望がメキメキと湧いてきました。 そして、婚活しようと決心した私は、とある結婚相談所に入会し……。

続きを読む

「私、多分この人と結婚する…!」不思議な直感を信じ、紹介された男性に会ってみると…

 

「私、多分この人と結婚する…!」不思議な直感を信じ、紹介された男性に会ってみると…

 

結婚相談所に入会!

私が30歳のとき、とある結婚相談所に入会しました。 なんとこの相談所は、母の高校時代の同級生がやっているところ。私の婚活は、オシャレな服や化粧品を何も持っていなかったので、それらを買うことから始まりました。相談所の方に服や化粧品を選んでもらい、写真撮影をして、自分のプロフィール、希望する相手の年齢や年収などの条件を書いて、初日は終了。

 

仲人さんからは、とりあえず10件ほどお見合いの申し込みをするように言われ、検索して条件に合う人に片っ端から申し込みました。その後、お見合いがうまくいき、2人でデートに行った人もいれば、最初のお見合いだけで終わる人もいました。

 

ビビッときた! でもその相手は…

仲人さんには、普段から「うちの会員さんにこんな人がいてね」といった話をたくさん聞いていました。そんなある日、仲人さんからある男性会員の話を聞いて、「あっ、私、多分この人と結婚する……」と直感。顔も知らないし会ったこともないのに、不思議な感覚でした。

 

しかし、彼は当時、真剣交際をしている人がいて成婚退会間近。 一方で、私もそのころ、真剣交際間際の人がいました。でも、その人と結婚するイメージは湧かず……。そんなこんなで色々あって、私は交際終了になってしまい、また相手を探す日々。

 

そうこうしているうちに、「〇〇さん(彼)の交際がダメになったんだけど、一度会ってみない? 年齢はひと回り違うんだけど……」と仲人さんに言われ、私はふたつ返事で「会います!」と答えました。

 

ついに彼と対面!

そして、忘れもしない、相談所に入会して3カ月ほど経った、5月1日。私たちは初めて出会いました。お互いの第一印象は、「なんだか掴みどころがなく、何を考えているのかわからない」でした。

 

お見合いでは軽く話をして、その後、伊勢神宮へ。お見合い後に仮交際に進み、初回のデートで、彼はデートのしおりを作ってきてくれて、完璧なエスコートをしてくれました。

 

その後も奈良や京都などで寺院散策、登山、ユニバーサルスタジオジャパンに行くなど、私たちはデートを重ね、その年の8月25日に入籍!

 

出会ってから3カ月と25日で入籍した私たち。 出会いから入籍までの期間が短いこともあり、親には、「すぐには入籍せずに少しだけ同棲してから籍を入れたら?」と言われましたが、2人で話し合い、即入籍することに。 周りの友人たちには「いつの間に!?」と驚かれてしまいました。

 

 

私の直感を信じて、スピード婚した私たち。結婚当初はお互いに遠慮もあり、なかなか打ち解けられませんでした。でも、そのあとはつらいことやうれしいことをたくさん経験して、今ではケンカもできるように。

 

夫婦間の呼び方も「君」から「名前+さん」になり、今では、私は彼に呼び捨てで呼ばれています。 私は変わらず「苗字+さん」で読んでいますが……。

 

少しずつ夫婦になっていき、今では、私たち夫婦と子どもの3人で賑やかに楽しく暮らしています。直感を信じ、彼と結婚して本当に幸せです。

 

著者/谷山麻衣さん
作画/今井美保

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター今井美保

    漫画家/イラストレーター。女性誌からネットニュースまで、猫からかわいい系妖怪まで幅広く手掛けてます。フリーの漫画サイト「おくらのあな」運営。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP