「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

子宮頸がん疑いで人生初手術をした話、第16話。現在第1子を出産したばかりの大福さん。実は、過去に子宮頸がんの疑いで、手術をした経験があります。「いつか子どもを授かることができたら描きたいと思っていた」と語る大福さんのマンガです。

大福です。現在、私は第1子を出産したばかりなのですが、過去に子宮頸がんの疑いで、人生初の手術をしたことがあります。しかし当時は体験レポなどの情報が少なく、不安に思っていました。私のこの体験が、誰かの不安を少しでも取り除くことができたら……、そして同じ境遇で不安いっぱいの方の参考になれたら……と思い、マンガにまとめることにしました。

 

今回はいよいよ最終話!
前回、約1時間の手術があっという間に終わり、翌日に退院となった大福さん。緊張が解けたためか、自宅に戻るとベッドで爆睡してしまいました。そして、手術から2週間が過ぎ……。

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

「手術の結果ですが」 どうなの!?恐怖に怯える私に、先生は… #子宮頸がん手術 最終話

 

 

このお話を描き始めてから、私と同じように「高度異形成で手術をする予定です」という声をいただき、同じ病気の方がこんなにも多くいるのだと驚きました。

 

私の場合は、会社の健康診断で子宮頸がんの検査をたまたま受けて病気が判明。それまで高度異形成なんて言葉すら知らず、病気が判明したときも「がんではないの? 妊娠できなくなったらどうしよう」と、ただ不安でした。

 

今回実感したのは、病気はやはり早期発見が重要だということ。自分の体は自分自身で守るしかないので、これから先の長い人生を健康に生きていくためにも、定期検診は意識的に受けるべきだと感じました。

 

 

監修/助産師REIKO

 

※この漫画は実話に基づいた体験談です。ただし、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


大福さんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで読むことができます。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター大福

    赤ちゃん旦那(おむつくん)との、ゆるい日常を気ままに描いています。2021年末に出産。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP