記事サムネイル画像

時期を間違えると後悔することも?職場への妊娠報告、いつにする?

職場への妊娠報告は緊張するものです。早すぎて万が一があると、辛いものになりますし、早く報告して環境や体に配慮を求めなくてはいけない場合もあります。また、仕事を休むことになるので、職場に迷惑を掛けないように遅すぎてもだめですよね。一人ひとり違う条件のもと、自分自身で納得できるベストと思う時期に報告しましょう。

 

妊娠が判明したときの、夫への報告や両親への報告、なんだかドキドキしますよね。そして、それらとは違ったドキドキがあるのが職場への妊娠報告です。

 

安定期に入ってから報告しますか?それとも、仕事上もっと早めに報告しますか?私が職場に妊娠報告をしたケースをご紹介します。

 

最初の報告は「妊娠7週目」

私は結婚式の翌月に妊娠反応があり、妊娠7週目にして職場に妊娠報告をしてしまいました。どうして安定期まで待たなかったかというと、化学薬品を使う職場だったこともあり、配慮をお願いするためでした。

 

つわりもなく、元気に働いていたのですが、残念なことに妊娠9週目で「稽留流産」と診断されてしまいました。

 

流産のあと、職場の人に「おめでとう」と言われたり、「産まれてこないほうがいい子だったんだよ」などと慰められたり、早すぎる妊娠報告を後悔しました。

 

 

慎重になった2回目の妊娠報告

1度目の妊娠から約半年後、2度目の妊娠が判明しました。今度は、念には念をいれて妊娠20週目まで待って職場に報告しました。

 

報告した先は、直属の上司、手当関係の総務担当の人など、仕事を休むことで迷惑を掛けてしまう仲間が中心でした。

 

妊娠初期の間は妊娠できたことを夢のように感じていたのですが、職場に報告して仲間に「妊娠おめでとう」と言ってもらえると、うれしくて心から妊娠を実感できるようになりました。

 

 

 

3回目の妊娠報告

3度目の妊娠では、安定期である妊娠16週目を待たずに、職場の近い仲間たちに報告しました。それは、2度目の妊娠のときに、「妊娠おめでとう」と言ってもらえたことがうれしかったのが理由です。万が一、また流産することになっても、おなかの中に確かに存在しているわが子をみんなに認めてもらいたかったのかもしれません。

 

20週を過ぎたころに、改めて総務関係に報告を行い、産休・育休についての手続きについて準備を始めました。

 

 

早すぎる妊娠報告をしたことで、後悔もしましたが、学んだことも多くありました。職場への妊娠報告は緊張するものですが、避けては通れないもの。引き継ぎや職場環境や体のことを考えて時期を決めると決心がつきますよ。(TEXT:田中良子)

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      来年度の人事のこともあって、心拍の確認が取れてからすぐ報告しました。出産するまではドキドキでした

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →