「生理痛って…こんな!?」初めてでパニック!耐えられず受診すると…

出産前は、生理不順ではあるものの、生理痛を感じないことが多かった私。子どもを産んでからしっかり28日周期になったのはうれしかったのですが、今まで体験したことのない生理痛に襲われるように! しかも、排卵日にも腹痛を感じるようになってしまい……。

「こんなにも痛いの!?」出産後、初めて生理痛を体験した私はパニックに!

 

続きを読む

初めて体験する生理痛

もともと生理不順で、生理に関してあまり意識をして生活をしていなかった私。そんな私は産後から周期が整って順調に生理がくるようになったことはよかったものの、「生理痛」という不快な症状を初めて体験するようになりました。

 

今は、生理が始まる数日前から下腹部のシクシクした痛みが続き、生理が始まる初日から翌日にかけて子宮がねじられるような痛みに襲われるように! しかも、生理が始まる約2週間前の排卵日付近にも、下腹部痛が3日ほど続くようになったのです。

 

婦人科を受診

生理日と排卵日を合わせ、1カ月に2回も周期的にくる下腹部痛。痛みがひどいときは動くことすら苦痛で、横になることもありました。日常生活に支障があるほどの痛みにどうしたらよいか考えた私は、婦人科を受診することに。

 

結果、特に体には異常なく、痛み止めを処方してもらって帰宅。それから私は、カレンダーに月経周期や体の変調を記入するようになりました。

 

カレンダーで不調を予測

婦人科から処方してもらった痛み止めは、生理前に下腹部がシクシクし始めたとき、または生理痛が起こりそうな生理初日に、痛みが強くなる前に内服するようにしました。

 

すると、生理初日でも痛みが襲ってくることはなく、日常生活を普段通りに過ごすことができるようになったのです。また、カレンダーに体の変化を記入することで排卵日や生理日が予測でき、体の不調にすぐ対応できるようにもなりました。

 

 

出産前までは生理痛なんて気にしたこともなかった私。産後から急に生理痛が現れ、最初はその痛みにパニックになりました。でも、病院を受診して異常がないことがわかって安心しました。

 

その後は、カレンダーを使って自分の体と向き合い、「この日はきっと痛みに襲われるだろうな」という日には事前に痛み止めを飲むようにし、痛みをうまくコントロールすることができるようになってよかったと思います。

 

今後も自発的に、生理痛や排卵痛の対策を続けていくつもりです。

 

著者/岩見 エリ
作画/塩り
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP