【Oh my God!】 立ち会い出産に間に合わなかった夫の話

2016/10/28 08:00
11
出産に備えて、仕事のお休みもいただき準備万端だった夫。まだまだ産まれないだろうと、病院を離れている間に出産。初めての出産に立ち会うことができませんでした。
急な展開など、出産はいつ何が起きるかわからないもの。
「Oh my God!」にならないように、立ち会い希望の旦那様方!しっかりと奥様のそばにいてあげましょう!
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産

 

初めての出産は誰でもドキドキですよね。妻の気持ちもさながら、100%妻に託すしかない夫の気持ちとは?

 

私のニュージーランド人の夫はとにかく初めてのわが子の誕生を心待ちにしていました。そんな夫が、出産の立ち会いに間に合わないというハプニングが起きてしまいました!

 

計画出産

 

10カ月に入ったおなかの子はかなり大きくなっており、予定日一週間前ですでに3700gの予想。相談した結果、自然分娩を望んでいたため、大きくなりすぎる前に計画出産を決断しました。

 

入院して、バルーンや陣痛誘発剤の処置を行いました。すぐに陣痛は始まるものの、子宮口はなかなか開かず、その日は1日陣痛に苦しみながらも、生まれる気配はありませんでした。いつになるかわからないので、夫には家で待機していてもらうことに。

 

まだまだ産まれない

朝になり昨日と変わった様子はなく、先生も明日になりそうだな、とおっしゃったのでそれを夫に伝えました。

 

「明日になるかもしれないらしい」とは言ったものの陣痛がかなり激しく、これが明日まで続くなんて考えられない状態でした。そして、少し家事を済ませたらすぐに病院に来てくれるという夫の言葉に安心し、電話を切りました。

 


急展開!ドアの向こうから「Oh my God!」

 

すると急展開!助産師さんたちがバタバタし始め、「産まれる!」と分娩室へ!それからはあっという間でした。

 

ちょうど産まれるころに、病院に到着していた夫は、ドアの向こうで衛生着に着替えさせられ、消毒などをしている最中だったようです。すぐドアの向こうにいた夫が、わが子の泣き声を聞き「Oh my God~!!」と叫んでいるのが聞こえました。しかし、私は出産のよろこびと痛みからの解放で、それどころではありませんでした!

 

 

出産を見逃してしまった夫。何と言われても病院にいればよかったと後悔していました。何もできない夫としては、そばにいて出産の壮絶さを味わいたかったのでしょう。そんな夫のみなさん!しっかり奥さんのそばについていてあげましょう!(TEXT:ブラウン美由紀)

 

 


  • 出産に立ち会う予定が想定よりもすんなり産まれ、遠方だったため間に合わず、妻のそばにいてあげることができませんでした。
    そばにいてあげられなかったことを非常に悔やんでおりますが、妻が長時間苦しまずに出産を終えられたことを喜ぶ方に思考をシフトしたいと思います。

    2017/10/19 05:40
  • 立ち会えなくても、何もしない夫より、家の家事をこなしてくれたことは感謝すべきですよね。立ち会えなくても、それはそれでいい思い出ですし。
    私は立ち会い出産を希望していましたが、通常の分娩室が前のお産した患者さんがいたため、使用できず、急遽ちがう部屋でお産することになりました。扉の向こうには、立ち会い出産を希望していた夫がいるのになーと病院に対して不満が残りました。産む前から外来で、必ず立ち会い出産にします、と伝えていたけれど、出産は計画通りにいかないですよね。夫はそれはそれでよい思い出らしいです。

    2018/03/04 22:23

この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。