「ヤバすぎる…」生理前にとんでもない想像を!自分にショックを受け…

生理前の情緒不安定を緩和するため、26歳のころに低用量ピルを飲み始めました。その後は低用量ピルにより気持ちが安定するようになったものの、まだ時々不安定になることがあります。あるとき、どうしようもなく気持ちが落ち込み、また頭が回らず仕事にも支障が出てしまったのです。

 

続きを読む

PMSがひどかったときの心理状態

私は普段、低用量ピルによりPMS(月経前症候群)を緩和していますが、それでも生理前に情緒不安定になることがあります。冬のあるとき、まるで自分が別の人間になったかのように、気持ちが不安定になりました。これといった理由もないのにズーンと気持ちが沈み、線路に飛び込んだりマンションから飛び降りたりする想像をしてしまうほどでした。

 

また、頭の回転がものすごく悪くなり、仕事中は今自分が何をしているのか、わからなくなることもしばしば。どうにかしなくてはと思い、産婦人科に相談に行くことにしました。

 

産婦人科で相談した結果

いつも低用量ピルを処方してもらっている産婦人科に行き、生理前の情緒不安定について相談しました。まずはじめに、低用量ピルの種類を変えることを提案されました。しかし、今の低用量ピルに慣れるまで数カ月かかったことを思うと、種類の変更には前向きになれませんでした。慣れるまでに経験したあの副作用を、再び味わうのが嫌だったのです。

 

医師にそのことを話すと、気持ちを落ち着ける効果のある、抑肝散(ヨクカンサン)という漢方をすすめられました。漢方ならなんとなく体に良さそうだし、副作用も少なそうだと思い、挑戦することに決めました。

 

漢方を飲んでみたら…

産婦人科にいる間や薬局で薬を待っている間も、もやもやした気持ちを抱えていた私は、もらった漢方をすぐに飲みました。飲んでから時間が経つと、少し気持ちが落ち着いてくるのを感じました。こんなにすぐに効果が出るものかと驚きましたが、明るい気持ちが戻ってくる感覚があったのです。

 

それ以来、気持ちが不安定になると、漢方で気持ちを落ち着けています。情緒不安定がまったくなくなるわけではありませんが、少しでもラクになることはたしかです。この日から私にとって、漢方派お守りのような存在になりました。

 

 

低用量ピルでコントロールしきれない情緒不安定を、私は漢方で緩和するようになりました。生理前に情緒不安定になると、自分が自分でなくなるような気がしてとてもつらかったのですが、ラクになる方法を見つけることができ、うれしく思っています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者/あめ
監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP