「クソババア」と言われたら? 息子の反抗期でババアも成長する #生まれて半世紀 6

「生まれて半世紀」第6話。生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさん。アラフィフ母ならではの日常を描いたマンガを紹介します。今回は、母親の呼び方についてのお話。反抗期の息子さんから「クソババア」と言われた月野さんは……。

 

続きを読む

反抗期あるある?

生まれて半世紀

生まれて半世紀

生まれて半世紀

生まれて半世紀

 

生まれて半世紀

 

こんにちは、生まれて半世紀を過ぎた月野まるです。

 

子どもが小さいころは「ママ♡」とかわいかったのに、反抗期には「クソババア」と言われてしまう……。母親を長くやっていると起こる、あるあるですよね。

 

わが家は長男の反抗期が激しく、中3で言い合いになったときに初めて「クソババア」と言われ、心臓にナイフが刺さりました。

 

まさか自分の子がクソババア呼ばわりしてくるとは思わなったし、そんなこと言ったら絶対許さない! くらいに思っていたからショックでしたね~。自分の育て方が悪かったのかと思ったり……。

 

私の場合は、それも成長の証しだとネット記事で読んで安心した記憶があります。

 

それでも、クソババアと入れれたら悲しいし、腹も立つ。でも大丈夫!
だんだん言われ慣れて、そのうち気にならなくなります。ババアも成長するのです。

 

反抗期が終わった現在、私の呼び方は「お母さん」「おかん」に定着しました。
次男に至っては、こびるときは「お姉様」とも呼んでくれます(笑)。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター月野まる

    生まれてから半世紀過ぎてしまったアラフィフ母。カフェで働く長男と大学1年生の次男の息子2人を持つ。コミックエッセイ『ナイフみたいにとがってら』(KADOKAWA)より書籍発売中! 

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP