「ママの気が済むなら良いんじゃない?」息子の相談をした夫の態度に思わず… #ママをやめた日 21

「ママをやめた日」第21話。7歳差兄弟を子育て中のyokaさんの体験漫画「ママをやめた日」。仕事、家事、子育てをしながら順調だと思っていた私でしたが……。

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
続きを読む

チック症について相談することに

急に、変な咳をし始めたトモたん。最初はyokaさんは、アレルギー症状が出始めただけかな?と思い、あまり気に留めませんでした。すると、今までに見たことのない、変なまばたきが目立つようになりました。そこで、「チック症だ!」と思ったようです。

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

 

ママをやめた日21

アレルギー性鼻炎で通院している耳鼻科の先生に、yokaさんが確認したところ、「多分、チック症でしょうね」と言われました。

 

トモたんが通っている小学校の、スクールカウンセラーの面談を予約しようと思い、パパにも情報共有のために相談すると、「何も問題ないのに、なんで相談するの?」と驚きの答えが返って来ました。

 

まさかの返答に、yokaさんはブチギレ!

 

怒りの勢いのままにパパを説き伏せ、最終的には「思うようにやったら良いんじゃない?」と言われたので、スクールカウンセラーの面談予約を取ることにしました。

 

チック症の症状が出てしまった息子を放っておけないyokaさんの気持ちもわかりますね。

 

※この話は現在のものではなく、過去の体験談です。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターyoka

    2010年、2017年生まれの7歳差兄弟を育てるワーママです。子育て漫画や日常で思った事など色々描いてます♪

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      うちは心配しすぎるから疲れるけど
      こんなに子供の心配しない父親もいるもんなんだね。
      これはこれで疲れるね。
      +41 -1

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP