「冗談でしょ」6歳下の後輩男性からデートの誘い!?裏があると警戒し…

恋愛対象となる人との年齢差が「何歳までOK」というのは、人それぞれ違うと思いますが、私は漠然と「同い年か年上じゃないと続かない」と感じていました。しかし最終的に結婚したのは、なんと6年も下の会社の後輩。なぜ恋愛対象外だったはずの年下の彼と結婚したのか、私の体験をお話しします。

「年下は恋愛対象外!」だった私が、6歳も年下の後輩と結婚した理由とは?

 

続きを読む

最初の1年間は接点はなく…

私が勤めていた会社に新卒で入社してきた彼。第一印象は、実はあまり覚えていません。彼とは別部署だったことに加え、当時私は仕事があまりに多忙で、各部署にあいさつ回りをしにきてくれたときに認識したかな……程度のもの。

 

ほとんど接点はなく、話す機会はたまに会うシュレッダー室のみ。私の抱えていた書類を見て「やっておきますよ」と言ってくれる彼に「ありがとう」と返すくらいでした。

 

今どき気が利く子だなぁという、うっすらとした印象以外特に感じることもなく1年が経過。彼が2年目になるタイミングで私の部署異動が決まり、同じ課に配属されることになりました。

 

一緒に仕事をするうちに知る彼の性格

私は以前から営業への異動を希望しており、念願が叶ったことで、俄然張り切っていました。しかしやる気とは裏腹に、慣れない仕事も多く疲弊する毎日。

 

そんななか、彼と一緒に取り組むプロジェクトが多く、いろいろと教えてもらう立場になることが増えました。

 

専門用語の多い指示書を見て私が顔をしかめていると、彼は要約して教えてくれたり、残業中に飲み物を差し入れてくれたり。後輩にもかかわらず頼りになる彼に、いつしか惹かれていきました。

 

そして、お互いに仲が深まり、軽口の応酬も増えてきたタイミングで、なんとデートに誘われたのです。

 

ドッキリなのでは…と疑った

仲良くなってきたとはいえ、弟よりも年下の男性に誘われたということに正直とても戸惑いました。そして、改めて彼に惹かれている自分自身にも。

 

年上の自分を誘ってくれるなんて裏があるんじゃないか……という不安もありましたが、後悔するのも嫌だったので、思い切ってデートへ行くことに。

 

心配は杞憂に終わり、彼と過ごす時間はとても楽しいものでした。仕事のときと変わらず、年齢差を感じることがほとんどなく、私自身とても楽しめたデートでした。これをきっかけに、とんとん拍子で付き合う流れに。そして、交際をスタートして1年足らずで結婚が決まったのです。

 

私もそうでしたが、社内恋愛というと、付き合ってから結婚までが早いように思います。それは1日のほとんどを一緒に過ごすことで、お互いの人となりが見えやすいからなのかもと感じました。

 

彼と一緒に働くなかで、私に対するやさしさだけでなく、仕事に対する真摯な姿勢や、誰にでも分け隔てなく接する姿が見えたことも、私が彼との結婚を決めた理由のひとつです。

 

 

彼と知り合った当時の私は、結婚を意識していた年上の彼とお別れして間もないころ。その人とのお別れは本当にショックでしたが、当時仕事で忙しくしていたこともあり、仕事で年上の彼のことを忘れようと必死でした。

 

今思うと、その年上の彼とのお別れが、自分の恋愛の価値観を変えるきっかけにもなっていたのかもしれません。

 

昔から余裕とユーモアがある人が好きで、そのイメージが年上や同い年にしか当てはまらないと思い込んでいた私。しかし、年下の夫だってユーモアたっぷり。仕事にも誠実で、どんなに忙しくても周りの人に嫌な態度を取ることはありません。

 

彼と結婚して、本当に大切なのはお互いをリスペクトし、想い合う気持ちなんだと感じています。そして、それは老若男女、誰にでも当てはまる可能性があるのかなと、彼との結婚生活を送る今、実感しています。

 

著者/滝沢夏海

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP