「か、かたまり!」20代で生理が急変!婦人科に行ったら病気が判明し…

妊娠前は生理痛がひどく、生理期間中は鎮痛薬が欠かせなかった私。長女と次女を出産後に生理中の状況が驚くほど変化しました。子宮腺筋症を患っている私の出産前の状態や出産後の変化、現在の状況についてお話しします。

 

続きを読む

子宮腺筋症の影響で生理がつらかった日々

20代後半に入ったころ、今まで経血量が少なく生理痛とは無縁だった状況が一変。経血量が増加し、血の塊が出ては生理痛がひどくなり、生理中は毎日鎮痛薬を飲むという生活になりました。

 

婦人科に行くと子宮腺筋症が見つかり、そこからは低用量ピルや鎮痛剤を併用しながら、生理痛と向き合う日々が始まりました。幸い、長女と次女を授かることができ、妊娠、授乳の繰り返しで生理とは無縁の生活を送っていました。

 

※子宮腺筋症は、子宮筋層内に子宮内膜組織が入り込んで、子宮の筋層が厚く腫れた状態になったものです。月経痛、過多月経、不妊の原因になったりします。

 

生理の再開。つらかった生理が…!

次女を出産して1年半後、久しぶりに生理が再開。同じ子宮腺筋症を患う友だちから「出産後は生理痛が軽くなるよ」と噂は聞いていましたが、個人差もあるしとあまり期待はしていませんでした。しかし、再開した生理の変化には驚きの連続だったのです。

 

経血量の減少、そして血の塊が出ることもありません。何よりうれしかったのは、生理痛がなくなったこと! 鎮痛薬を飲むこともなく、生理であることを忘れてしまうくらいです。

 

生理痛のない生活が再スタート!

もしかしたら、生理痛がないのは最初の数回かも……と心配していましたが、生理が再開してから半年以上過ぎても今のところ生理痛もなく、経血量も落ち着いています。

 

ちなみに、生理痛がつらかったころから、痛みの緩和のために、腹巻きをしたり、おなかに使い捨てカイロを貼ったり、足湯をしたりと自分なりの温活を始めました。生理痛が軽くなった今も、その習慣は続けています。

 

今は生理の期間を快適に過ごせることが幸せです。

 

 

出産後に生理痛が軽くなるという噂を聞いていましたが、以前は半信半疑でした。個人差もあり、全員が同じ変化があるわけではないと思いますが、私の場合は生理痛が軽くなり、経血量の減少や血の塊が出なくなりました。生理中が快適に過ごせるようになったことで、生理の憂うつから解放されています。

 

今後も、子宮腺筋症の症状が少しでも安定するように体調の変化に気を配り、定期的な診察も忘れないようにしていきたいと思います。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者/渡辺 あや
監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP