「長男の嫁でしょ?」怒っていないと言いながら不機嫌な様子で圧を与えてくる夫… #モラ夫 70

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

お義母さんが合鍵を作って、突然家に入り込んできたときの話。そこからなんとなく夫の機嫌が悪い気がして……

帰ってきた夫にお義母さんの合鍵の件を話すと、夫はわかりやすく不機嫌になり始めた……

 

お義母さんも夫も口をそろえて「家族なんだから」と言うけれど、モグさんはなかなか心の壁を取り除くことができずにいた。

 

続きを読む

夫からの無言の圧力。察せない私が悪いの……?

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

夫はよく「長男の嫁」という言葉を使うけれど、私はこの言葉が好きではなかった。自分なりに夫の家族に馴染む努力もしてきたつもりだったけど……

 

心のモヤモヤが晴れないまま、いつの間にかお義母さんの突撃訪問が当たり前になっていた。

 

そこからしばらく経ったある日曜日のこと。いつも通り昼過ぎに起きてきた夫の様子がなんか変……?!

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

あからさまに不機嫌な様子で、無言のままご飯を食べ始めた夫。

 

「何かしちゃったかな……」

 

身に覚えはなかったものの、気になったモグさんは夫に聞いてみた。

 

「別に怒っていない」

 

やっぱり何か怒っている……気まずく重たい空気が流れていた。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第70話

 

誰が見ても怒っているのに、怒っていないという曖昧な態度をされるのは好きじゃなかった。

 

重たい空気に耐え切れず、タロくんと公園に出かけたものの、これから義実家に行く気にはなれず……義実家に行く前までに何とかしたかったけれど、それは無理そうだった。

 

いわゆる「察してほしい」と思う夫。それに対し「察せない」ことも多かった私。


「気付けない私はダメな人間なんじゃないか」と思うこともあったというモグさん。

 

散歩から戻り、義実家に向かう支度をして車に乗ると……ますます最悪の空気になって、気持ちが押しつぶされそうに……!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      「変なやつに鍵作られたわけではないでしょ」???勝手に鍵作る時点で充分変なやつだわ。そして嫁と義母は真っ赤な他人なんだわ。持論を語るなモラ男が。
    • 通報
      思春期の男の子だよね?
    • 通報
      ほんと気持ち悪いなこの男
      +45 -0

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP