「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

【男性恐怖症の女に彼氏ができたワケ 第2話】Instagramにて、同棲中の彼・あられくんとのカップルエッセイなどを投稿されているぺいさん。彼・あられくんと付き合うまでは、あることがきっかけで男性に対して恐怖を抱いていました。ぺいさんが男性恐怖症になり、あられくんと付き合うまでを描いたなれそめマンガをご紹介します。

高校3年生のころ。入試を終え、部活のために電車で学校に向かっていたぺいさん。まったく人が乗っていない車内で、乗車してきた男性はなぜかぺいさんの隣に……。そして、電車から降りるとスマホを低い位置に持ったその男性に階段で追い抜かされ、触られた感触が……。

 

続きを読む

もしかして、盗撮されていた…?

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

「息ができない…」背後に気配を感じてゾッ。そこにいたのは… #男性恐怖症 2

 

今思えば警察にも駅にも伝えるべきだったんです。よく痴漢報告が出ている駅でした。

 

気のせいでも、自意識過剰でも、次の被害をなくすために通報するべきだったと今でも後悔しています。

 

◇ ◇ ◇

 

大学生になったぺいさんがアルバイトをしていたとき、背後に大きな影が近づく気配が。気配の正体は同じバイト先のスタッフである男性で、ぺいさんが作業していた棚のものを取りにきただけでしたが、ぺいさんは動悸と息切れが止まらなくなり……。

 

このとき、高校生のころの経験によって男性に恐怖を抱くようになったのではないかと”男性恐怖症”を自覚することになったといいます。時間が経っても、恐い思いをした記憶は消えないですし、それが自分の知らぬうちに大きな傷となっているのですよね。

 

 


ぺいさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぺい

    躁鬱、男性恐怖症、だけど縁あって変態紳士犬系彼氏と同棲中の絵描き大好き女です!

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP